メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ベーシック・生徒さんの作品( 70 )


2016年 09月 11日

ブックタイプの箱(レッスン作品例・生徒さんの作品)と、皆さんへのお知らせ

さあ、今回紹介するのは、カルトナージュの王道とも言える「ブックタイプの箱」です。
この作品は、蓋や背面を覆う布と本体を巻いていく布、リボンやタッセルのハーモニーを存分に楽しめます。その分、生徒さん達は組み合わせを決めるのに非常に頭を悩ませますね~。
何となくこれ・・・付けちゃう?ではなくて、「これが最高に合う!!」というものでないと、アクセサリー(リボンやタッセルのこと)を付ける意味はナイ!と思っていますので、私も一緒になってワイワイ参戦。これも楽しい時間です!

このV字バランスのリボン!Kさんが新しいデザインを開拓してくれました!
d0168496_16571430.jpg

d0168496_16574631.jpg

d0168496_16584027.jpg

どの作品もリボンづかい、色の重ね、タッセルとの合わせをじっくりご覧いただきたく・・・。
もちろん、技術的な部分では、布のもたつきやのり染みの出ない塗り方貼り方・角の仕上げ方・すっきりしたちょうつがい周りなどのポイントもきちんと押さえていただいてますので、細部までキレイ!そうなると、同時にキリリとした作品に仕上がります。
キリリとした作品」・・・そういう作品をメゾン・ド・カルトナージュでは作っていただきます。
d0168496_16592633.jpg

d0168496_1701144.jpg

d0168496_171319.jpg

d0168496_172395.jpg

d0168496_17161752.jpg

下の写真、このタッセルの為に作られた生地なのか・・・この生地の為に作られたタッセルなのか・・・どちらが先なんでしょう?!完全にノックアウトされてしまう!
d0168496_1717752.jpg


さて、以下はメゾン・ド・カルトナージュからのお知らせです!
今年も11月~12月に、来年からスタートする通常コース・定期レッスンの生徒さん募集をします!
毎年この時期だけの募集としていますので、既にお問い合わせいただいている方やお待ちいただいている方々には申し訳なく思いますが、「待って良かった・・・!」と思っていただけるレッスンをお届け出来ると思いますので、もう少々お待ち下さるようお願いします
体験説明会は11月後半から12月前半に予定しています。
木曜日クラスは確実に設けますが、他の曜日は未定です。
決まり次第、このブログにてお知らせします。

それともうひとつ、夏休みにたくさんお問い合わせいただいたのですが、秋のワンデイレッスンはありません・・・すみません!
年末もしくは年始からスタートさせる予定の上級コース」「メゾン・ド・カルトナージュ認定講師養成コース」の構想と準備にかかりきりになっていまして!
夏休みから、延々とコース内容などをひねくりまわしていじったり、思い切って発想を変えてみたり、、、。奮闘中です!
この「上級コース」と「認定講師養成コース」は、メゾン・ド・カルトナージュの「通常コース」を終えた方にご案内しますお待ちいただいている方、もう少しでご案内出来そうです!

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では、
★理にかなった様々なテクニック
★それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
★生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれもきちんとした作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人に説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

「とびきり素敵に・・・とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授していきます。

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-09-11 18:26 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)
2016年 08月 28日

くり抜き持ち手の箱(レッスン作品例・生徒さんの作品)

今回紹介するのは「くり抜き持ち手の箱」です。
この作品、ラインに始まってラインに終わる・・・、ライン取りが全てとも言えますね!

①くり抜き持ち手のライン取り。何と言っても、ここ、キレイに仕上げなければ、、、ギャッ、目立ちます~。
②持ち手外側のライン取り。簡単簡単。
③本体の上下のライン取り。上のラインでは、カルトナージュの神様ローランス先生直伝マジックカットを思い出して(レッスンでは三度め。三度目の正直!)、きちんと切り込んでいきますよ~!
四隅が、ピタッと内側の角に向かって折り込まれた時の驚きと感動をもう一度!
d0168496_15273311.jpg

d0168496_1529914.jpg

d0168496_1530816.jpg

d0168496_1531696.jpg

d0168496_15322466.jpg

d0168496_15331332.jpg

紙で挑戦した生徒さんもいますね。紙ならではのパキッとした仕上がりが魅力的。
この柄の紙は、以前、ニューヨークのペーパーソースで買って。。。大事大事に両手で抱えこんで帰国した思い出がありますね、笑。
d0168496_1534842.jpg

d0168496_15464082.jpg

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では、
★理にかなった様々なテクニック
★それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
★生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれもきちんとした作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人に説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

「とびきり素敵に・・・とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授していきます。

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-08-28 16:16 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)
2016年 08月 11日

じゃばらレッスンpart2・・・ミニカードケースとマグネット付きプリント入れ(レッスン作品例)

今日紹介するのは、「ミニカードケースとマグネット付きプリント入れ」です!
じゃばらレッスンpart2と名うっている通り、じゃばらを練習しましょうというレッスン。
このレッスンの特徴は、一回のレッスンで二つ作ること。じゃばらを二回折ることによって、じゃばらを少しでも自分のものにしてほしいと思って
あとは、part1のじゃばらより難しいので、メゾン・ド・カルトナージュオリジナルじゃばら解説プリントがつくことですかね!

ミニカードケースは、外側は四隅をスキバテックスでとじるカードケースのレッスンを思い出しつつ作ってもらいます。このタイプのカードケースは案外ややこしいので初見では厳しいです。
やはり、段階を経つつ作っていくことは大事ですね!
内側を製作する時に、じゃばら折りの登場となります。

さあ、生徒さん達の素敵な作品をご覧ください!
d0168496_15341992.jpg

上下の二つは、お揃いで作っていますね。お揃いは絵になりますね、鉄板コンビ!
d0168496_1535499.jpg

d0168496_1537349.jpg

d0168496_15381419.jpg

上下の写真、シックな雰囲気がこぼれ出るリネンプリントの質感をころさないようにスキバテックスを慎重に選びました。
マグネット付きプリント入れのじゃばらの方が長いので折りにくいとは思いますが、ミニカードケースで一度折っていますから、皆さんサクサクと進めていけましたね!
d0168496_15394736.jpg

d0168496_15404322.jpg

これもまた定番の組み合わせですが、いつ見ても何度見ても、、、、本当に胸がキュンとくる可愛らしさ。チョコミントです!
内側にマグネットを付けてみました。
d0168496_15414583.jpg

下の写真は、このじゃばらのアレンジです。
じゃばらの折り方は全く一緒。
ホントに小さい小さい・・・バッグ?クリスマスの飾りになりそうな!
グログランリボンの取っ手も効果的なポイントになっていますね~。
レッスンのずれがあって、時間が余った時に生徒さんに作っていただいたもの。懐かしいなあ!
d0168496_15424471.jpg

d0168496_15432479.jpg

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では、
★理にかなった様々なテクニック
★それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
★生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれもきちんとした作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人に説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

「とびきり素敵に・・・とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授していきます。

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ











Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では、
★理にかなった様々なテクニック
★それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
★生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれもきちんとした作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人に説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

「とびきり素敵に・・・とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授していきます。

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-08-11 16:34 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)
2016年 07月 25日

かご型BAG・後編(レッスン作品例・生徒さんの作品)

皆さん、長らくお待たせしました・・・!
メゾン・ド・カルトナージュ流かご型BAG・後編です。

私のこだわりが詰まったこのかご型BAG、大変反響が大きいですね、私もウレシイ!です。
私としては、全体的な楕円形のシルエットをきちんと出すことと、蓋まわりと、中に仕込んである仕切りに相当の工夫をこらしたので、そこらへんを熱く語りたいところですが、いかんせん言葉で説明するには難しいですね。

かご型BAGのレッスンがまだの生徒さん達は、どうぞこれから紹介する生徒さん達の作品を見て、いろいろ想像⇒妄想してレッスンをお待ちください!

d0168496_178440.jpg

上の写真と下の写真の二つは、持ち手の付け方が他の方と違いますね。「かご」の雰囲気がより一層強く出ています。
d0168496_1791355.jpg

d0168496_17102037.jpg

d0168496_17111142.jpg

三つ子のように並べてみました。この愛らしさ!どれも、フランス製レゾリヴァードのインテリアファブリックを使っていますので、色や柄は違っていても、何かしらの統一感が感じられます。
d0168496_17121560.jpg

d0168496_17125312.jpg

上の写真は内側に注目。黒に白い水玉を使って大正解!
d0168496_17134174.jpg

このかご型BAGでは、大柄の生地を使う方が多かった中、Fさんはリバティをチョイス。まるで、ボンポワンの店頭にディスプレイしてありそうな・・・!(ボンポワンのディスプレイって、なんであんなにカワイイんでしょう?!パリでもニューヨークでも東京でも、うっとり見とれてしまってます)
d0168496_1714428.jpg

d0168496_17154549.jpg

この夏休みは、レッスンや大きい旅行もないですし、8月に三回以上はブログを書こうと思っています!
生徒さん達に、「ちゃんと更新しないと、活動してないと思われちゃいますよ!」と、愛情いっぱいの激励をうけてます(笑)しね・・・がんばります!

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では、
★理にかなった様々なテクニック
★それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
★生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれもきちんとした作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人に説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

「とびきり素敵に・・・とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授していきます。

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-07-25 17:55 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(2)
2016年 06月 14日

美しい・・・!かご型BAG・前編(レッスン作品例・生徒さんの作品)

前回お知らせした通り、「メゾン・ドカルトナージュ流かご型BAG」の生徒さん達の力作をお見せしましょう!
これは、「持ち手つきの小さなかご」をベースに、より実際に使えるように改良していったものです。
そして、この過程には、私の頭の中に、とあるイメージソースがあったんですよ!

フランスのモラビトというブランド、ご存知ですか?
そのオルセーというバッグがあるのですが、その「美しいたたずまい」をカルトナージュで表現出来たら・・・という気持ちで、試作を重ねていったんですね。
モラビトは、パリ時代から好きで、もっぱらカジュアルなラインを愛用中です。モラビトはかっちりしたイメージがあるのですが、攻め感のあるパンキッシュなバッグも多いんですよ!
私の母が変わりレザーのオルセーを持っていまして、それはそれはため息もの。。。持ち歩く芸術品と言えましょう!
無謀にも、そのたたずまいを目指したわけです。

それでは、生徒さん達が作り上げた「美しいたたずまい」をご覧ください!
d0168496_12152015.jpg

この上下の写真を見て、あれ?と気が付いた方も多いのでは?
そうです。私がサンプルで作ったものと同じレゾリヴァードのリネン・刺繍入りの生地をチョイスしていますね!
私がサンプルで使うと、その生地がどお~っと使われます、笑。
皆さん、仕上がりがイメージしやすいんですよね。
この生地は、刺繍部分がとても厚いので、普段の作品に使うのはおススメ出来ないのですが、今回は大丈夫。この生地のスペシャルな持ち味を活かせる作品です!
d0168496_12171597.jpg

d0168496_12181892.jpg

上の写真のリネン地のトワル・ド・ジュイ。内側のカーキと、黒のグレンチェックリネンが効いています。
そして、Tさんご自身で持参したウレスのタッセルがこれ以上ないくらい素敵なアクセントに!
d0168496_12194388.jpg

ストフのグレー柄。私も大好きでよく使います。このかすれたグレーに逆らえませんよネ。
d0168496_12202270.jpg

並べると、さらに魅力がパワーアップ!
d0168496_12212830.jpg

d0168496_12223863.jpg

ピエール・フレイの白地にブルーの規則柄。
今回、こういう細かい規則柄をキレイに貼るのは非常~に大変だったのでは?きっちり、ピシッと仕上げましたね!
d0168496_12261970.jpg

写真にあまり出ていませんが、内側に赤にドットの生地を使っています。もうちょっと上から撮れば写ったのに、、、反省!
d0168496_12281224.jpg

こちらも教室に各色揃っているレゾリヴァードのリネンプリントのなかでも定番中の定番、ペーズリー柄。
見るたびに感動してしまうくらい気に入ってます。
内側のカーキ使い、Uさんらしいですね~。

次回も、このかご型BAGを紹介しましょう!

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では、
★理にかなった様々なテクニック
★それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
★生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれもきちんとした作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人に説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

「とびきり素敵に・・・とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授していきます。

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-06-14 12:29 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(4)
2016年 04月 24日

蓋つき丸箱(レッスン作品例・生徒さんの作品)

前回、丸箱基礎レッスンの作品を紹介しましたので、今回はその復習編である「蓋つき丸箱」の紹介をしましょう!

丸箱は直方体とは全く作り方が違うので、基礎レッスンの後に続くもののなかで、「作り方がよく似ているから良い復習になる作品」というものがありません。
ですので、丸箱をもう一度しっかりおさらい!という狙いでカリキュラムに入れています。
狙いなどと大げさな言葉を使いましたが、、、、とにかく可愛いので、生徒さん達に非常に人気のある作品となっています。

生地の組み合わせはもちろんのこと、今回、特に注目していただきたいのが、蓋についているつまみやタッセルなどのアクセント類です!
皆さん、それぞれの生地の雰囲気にピッタリ合ったものを選んでいますよ~!

d0168496_21292035.jpg

d0168496_21302559.jpg

上の作品、こういうグラフィカルな水玉には、メタル系のつまみが合うんですよね~!内側に合わせたのはフューシャピンクのリネン。トリコロールカラーの進化系!
d0168496_21312597.jpg

d0168496_2133221.jpg

オレンジ×グリーンが印象的な上の作品のタッセルは2色使い。パリのウルトラモッドにて購入したもの。特別に艶やかな質感にウットリ。
d0168496_21335752.jpg

d0168496_21345380.jpg

上の作品の金具は、パリの激渋の金具屋さん(我ながらマニアック過ぎる・・・)で吟味してきたコレクションのひとつ。
これ以上ない素敵な組み合わせ!こういう風に使っていただけると、この金具も本望でしょうね?!
d0168496_21354116.jpg

人気のオートンテックの豊穣のカゴには、ナチュラルリネンが良く似合います。
d0168496_21364295.jpg

こちらの水玉の作品も、やはり持ち手はメタリックに!
d0168496_21372713.jpg

同じ形なのに、使う生地やつまみによって、全く違う印象に仕上がるのがカルトナージュの面白いところです。
これだから・・・やめられません!
Harumi

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-04-24 22:28 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)
2016年 04月 09日

丸箱基礎レッスン(レッスン作品例・生徒さんの作品)

自宅近くの遊歩道に並ぶ花みずきの花が開花し始めました。大好きな季節がやってきました!
久しぶりのブログ更新(Nさん、約束果たせました・・・笑)、今日は、丸箱基礎レッスンの生徒さん達の成果をお見せしたいと思います。

丸箱・・・丸いというだけで、何ともいえず魅力的なニュアンスが加わりますよね?
そして、その愛らしい外観とはウラハラに、綺麗に仕上げるのはなかなか難しいとされるものでもあります。

メゾン・ド・カルトナージュでは、丸箱入門として、「丸箱基礎レッスン」を行っています。
何の変哲もない「丸箱」をきちんと作ることを目的としているので、実用的?と問われればちょっと違うかな。。。
生徒さん達は、お茶のセットを入れたり、お菓子を入れてみたり、お盆のような使い方をしているようですね!

ローランス先生の名著(Le grand livre du cartonnage)にも、この丸箱作りは載っていますが、ローランス先生の天才たるゆえんがよくわかりますね~。何ひとつ無駄がない、全てが理にかなった作り方です。
最初にローランス先生に丸箱を教えていただいた時は、大げさでなく体に電流が走る感覚・・・「先生、ブラヴォー~~~!」と叫びそうに!

このローランス先生の作り方を基本として、自分なりに変えていった部分もあります。メゾン・ド・カルトナージュのオリジナルプリントでは、変えた部分やケント紙の使い方をメインに説明してみました。

さて、生徒さん達の力作、どうぞご覧になってください。
文句なしのキレイな仕上がり・・・とびきり素敵な作品ばかりですよ~!

d0168496_21154946.jpg

d0168496_21173169.jpg

d0168496_21182884.jpg

お気づきかと思いますが、この作品では、外側面にリボンをあしらってポイントを付けるのを提案してみました。
特に、外側を無地にして、内側のみに柄を使った場合は、ちょっと外側にポイントをつけると、グ~~ンと素敵になることが多いのです。

そして、いつも言っていますが、こういうアクセントを付ける場合は、「これを付けたら、更に素敵になる!」というものを選ばなくてはならないんですよね。なんでもかんでもつければいいというものではありません。付けない方がいいという場合も多いですから・・・。
生徒さん達が山ほどあるリボンの中から、うんうん悩んで決めたものばかりです。この外側のアクセントに注目して見ていただけると、面白いんじゃないかなあと思います!
d0168496_21191166.jpg

d0168496_21195339.jpg

d0168496_2120348.jpg

d0168496_2121959.jpg

丸箱のたおやかな姿と、生地とリボンのマリアージュ、堪能していただけましたか?
何度見ても、いいねぇ~~とつぶやいてしまう私です。
Harumi

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-04-09 23:08 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(2)
2016年 02月 08日

メモパッドと眼鏡トレイ(レッスン作品例・生徒さんの作品)

カルトナージュ愛好家なら皆さん知っていることですが、、、カルトナージュは時間がかかります
そんな中にあって、「わりと早く仕上がる小作品」は貴重です。

たまにはそういう作品をレッスンに入れたいなあと思って練り上げていったのが、今回紹介する「メモパッド」!
この作品、布を切って用意してあれば、1時間半くらいで仕上がりますかね~。
内側にマグネット(マグネット大好きなんです)を仕込んでますので、メモをバッチリとめられますよ!

そしてそして、あまりにも気に入ってしまったので、メモだけでは飽き足らず、写真立てとしても活用したい!と思って裏側には脚をつけて立てられるようにしました。
脚は、ラ・ペルルというカルトンキットのネットショップで買いました。それを布やスキバテックスでくるんで使っています。

さあ、生徒さん達の個性が出ている様々なイメージのメモパッド、どうぞご覧ください!

まずは、グッと渋く・・・。
黒チェックのリネンにグレイのリネンを合わせて。ボタンはちょっと茶色がかった貝ボタン。良いポイントになりましたね!
d0168496_2122214.jpg

d0168496_2134854.jpg

この上下の二つは同じ生地の色違いを使っています。
それぞれ、ボタンをあしらってみたり、トープカラーのチェックのリネンを合わせたり。生徒さんの好みが出るところです。
d0168496_2144022.jpg

d0168496_2155499.jpg

内側にこんな可愛い仕掛けが!私も大好きな「内側水玉攻撃!」
d0168496_2162594.jpg

そして、この回のレッスンは、抱き合わせ?レッスンなので、
もうひとつの小作品「眼鏡トレイ」を合わせて作りますよ~!
d0168496_218321.jpg

カルトナージュ道場と称されるわがメゾン・ド・カルトナージュ
小作品も二つ作れば、かなりの時間と集中力を必要としますよね?!
帰宅する頃には、皆さんヘトヘトかと思いますが、、、大きな達成感と心地よい疲れでぐっすり良い眠りにつけるでしょう~!
d0168496_2184398.jpg

d0168496_21112197.jpg

Harumi
カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム


ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-02-08 22:00 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)
2015年 12月 24日

持ち手つきトレイ(レッスン作品例・生徒さんの作品)

前回は、「二辺が丸いトレイ」をバラ貼り系レッスン1として紹介しました。
直方体ではなく、側面が開いている箱は、周りをぐるぐる巻いていくのではなく、バラバラに貼っていきます。(例外もありますが・・・)

そして、メゾン・ド・カルトナージュで、バラ貼り系レッスン2としているのが、今回紹介する「持ち手つきトレイ」です。
基本的な作り方は、二辺が丸いトレイと同じですが、持ち手つきトレイは、持ち手用のくり抜きがあるので、その分グンと時間がかかりますし、ケント紙の合わせなどの作業に気を使いますよね。
このくり抜き部分をキレイに仕上げるのが、この作品のポイントのひとつと言えるでしょう!
あとは、定番のポイントである角をきちんとおさめていくことが大事です。
バラ貼りの時は、角がもわっとなってしまったり、のりしろが足りなくてほつれてしまったりすることのないよう、いつも以上に注意して作業していきましょう!
d0168496_15445058.jpg

フランスのレゾリヴァード。この生地は、ダストボックスなど大ものの時に使うことが多いのですが、こういうポイント使いも素敵なんです。ざっくりとしたリネンにかすれたような色出しは、レゾリヴァードの独断場ともいえますよね!

d0168496_15464562.jpg

くり抜き部分のラインは、、、
なじませカラー もしくは、際立たせるためのアクセントカラー
どちらを使うか、悩むところです。
上の写真の生徒さんは、ポイントカラーのボルドーをチョイス。ピリリと効いていますね。

d0168496_15473625.jpg

フランスのレゾリヴァード。珈琲豆のような模様が、生徒さん達に大人気!

d0168496_1548375.jpg

これもまたレゾリヴァード!規則柄を完璧に仕上げています。ちょっと薄地なのですが、のりのシミひとつありません~!

d0168496_1549244.jpg

タイのジム・トンプソン。この生地も人気あります。あっという間に残り少なくなりました。

d0168496_1550525.jpg

ペルセポリスはどこの会社の生地だったかな?

d0168496_1551216.jpg

フランスのストフのリネンプリント。私もこの生地が大好きで!

d0168496_15515578.jpg

フランスのストフのトワルドジュイ。
Harumi
カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム


ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2015-12-24 16:46 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)
2015年 11月 29日

二辺が丸いトレイ(レッスン作品例・生徒さんの作品)

今回、紹介するレッスン作品は、「二辺が丸いトレイ
このレッスンでは、
全ての面をバラバラに貼っていく時の貼り方(箱が直方体でなくて側面に開きがあるものは、ぐるぐると巻いていくことは出来ませんよね!)
丸くなっているところを綺麗に仕上げる方法(ケント紙もきちんと合わせていかないと・・・!)
を、生徒さん達に二大ポイントとしてお伝えして、きちんと実践していただきます。

とてもシンプルな作品ですが、こういうシンプルな作品こそ実力が出るのです
ここメゾン・ドカルトナージュにて腕を磨いている生徒さん達の素晴らしい出来栄えをどうぞご覧ください。
さらに、生徒さん達が悩みに悩んで決めた生地の組み合わせも必見ですよ、ジックリ鑑賞してみてくださいね。

下の写真は、なんと、フランスのハウスリネンブランド「ジャカール・フランセ」のテーブルクロスを切って使っています。
フランスでも、「水色×グレー」の組み合わせの生地がほとんどなくて・・・!パリのデパート、ボン・マルシェで見たこのテーブルクロスに一目ぼれ!カルトナージュに使おうと思って購入したものです。
ジャカール・フランセのティータオルなども大好きでずっとコレクションしていますが、大切すぎて一枚も実用に至ってません、笑。たまに取り出して味わっています。。。
d0168496_16493558.jpg

下の写真の、水色×グレーの生地は、イギリスのローラ・アシュレイ。
d0168496_16501898.jpg

トワル・ド・ジュイとストライプの組み合わせ。うん、ナイスチョイスです!
d0168496_16505249.jpg

マドヴァンの紫の生地に、スキバテックスのグレーを合わせました。落ち着いていて素敵。
d0168496_16513520.jpg

このキャベジズ・ローゼズの生地は、何かと合わせるのがとても難しいのです。私のおススメは、こういうシックなピーチピンクのリネンに合わせること。気に入っていただけて良かった~。
d0168496_16521058.jpg

リバティの一色を取って、深いカーキグレーを合わせています。定番の合わせ方です。
d0168496_16524534.jpg

このくだもの柄に少しだけ含まれている深いカーキを取りだして、両端をキリリと締めてみました。
d0168496_16531886.jpg

オートンテックの豊穣のカゴ。これもまた、何かと合わせるのが実は難しい生地なんです。私のおススメは、こういうナチュラルリネンか、こげ茶ですね。
d0168496_16534980.jpg


メゾン・ド・カルトナージュでは、
この「二辺が丸いトレイ」を、「バラ貼り系レッスン1」としますと、、、「持ち手つきトレイ」が「バラ貼り系レッスン2」となりますね。

次回は、この「持ち手つきトレイ」を紹介しましょう!

Harumi
カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム


ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2015-11-29 17:47 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)