メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 05日

四隅をスキバテックスで閉じるカードケース(レッスン作品例・生徒さんの作品)

今回紹介する生徒さんたちの作品は、「四隅をスキバテックスで閉じるカードケース」。

このレッスンでは、メモケースやDVDケース、写真ケースなどを二つ作ってもらいます。
なぜなら、このタイプのカードケースは、結構ムズカシイので、二回同じことをやってみてはじめてピンとくるのではないかなぁと考えているからです。

前半、一つ目のカードケースを作るときは、ぎゃんぎゃんうるさく指導していますが。。。
後半、二つ目のときは、生徒さん達がプリントを見ながら作業を進めるのを見守りつつ~~、メゾン・ド・カルトナージュらしからぬ(笑)おとなしめ指導です。

そして、テクニックがきちんとしているのはもちろんですが、自分好みに素敵に仕上げられるのがカルトナージュの醍醐味です
自分の好みを追求できるのは、ファッションと同じです。

だからなのか、私は、ファッションにもマニアックなこだわりが。
例えばタイツは、常に50足~は紺、グレー、茶をグラデーションで新しいものをキープ(←おバカですね)。
家族には、いつも同じタイツを履いていると言われてますけどネ・・・違うのー!!
気に入ったアクセサリーがあったら、ロングネックレスを10センチづつ長さを変えて収集。(特急ビーナスさん、ありがとう(笑))

カルトナージュも、ファッションも、トータルで見て素敵!!!を目指すのも一緒ですね!

トータルコーディネートが大事ですので、今回紹介するものも、柄布、スキバテックス、内側の紙まで。。。みなさん、きちんと選んでいます。
そういうところまで、じっくりご覧くださいね!

d0168496_14013797.jpg
d0168496_14021462.jpg
d0168496_14040401.jpg
d0168496_14042746.jpg
d0168496_14051169.jpg
d0168496_14053830.jpg
d0168496_14024795.jpg
d0168496_14030595.jpg
d0168496_14062200.jpg
d0168496_14064562.jpg



Harumi , 春海

☆インスタグラムはじめました!
既にインストールされている方は、#メゾンドカルトナージュハルミと検索(ハルミの前にスペースはあけないで打ってください)していただければ、私のインスタグラムが出てきますので、是非ともご覧ください。


東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では・・・
◎理にかなった様々なテクニック
◎それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
◎生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれも満足する作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人にきちんと説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

フランスで三年間 ローランス・アンケタン先生に仕込んでいただいた技術と、より美しく仕上げるために自分で練り上げていったコツやテクニック。

パリ中をくまなくまわって集めた生地 タッセル リボン 金具の数々。

「とびきり素敵に、、、とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授しています。


カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているインテリアデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓


by harumicartonnage | 2018-05-05 15:26 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)


<< 今年の春夏のインテリア~モーヴ...      引き出し付き文房具入れ(レッス... >>