<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 26日

ヨガの話

2016年最後のブログは・・・
ヨガの話
春からはじめたヨガですが、すっかり生活の一部となっています。
家族や生徒さん達もビックリのヨガ通い・・・一番驚いているのは自分ですけど!
一年前の自分からは想像も出来ませんからね。

昨年の夏に書いたカルトナージュナビの連載コラム(下にあるバナーから、コラムに飛べます)に、「一年後の私」というお題があって、そこに、新しいコースの構想と、何らかの運動を始めたい!と書きました。
                  ↓
言ったことは実行しなきゃと、3月に自分を奮い立たせて二子玉川のヨガの体験をいくつか。
まだ寒い季節でしたので、床暖房完備のスタジオに魅かれました!大きい窓があるスタジオで解放感も抜群です。
                  ↓
体験でなんとかいけそうだったので、一か月のフリーパスを購入
                  ↓
ヨガの楽しさや心地よさに目覚めてからは、どっぷり、ヨギーニ生活へ!

というわけですね!
ですが、20年以上、なんの運動もしてこなかった私です。スニーカーさえ持っていませんでした。
子供たちの運動会なども、ローファーでごまかしつつの参加でしたね。

そんな「運動のある生活」からは一番遠いところにいた私が、ヨガをはじめてからのよもやま話
今日は、カルトナージュからは思いっ切り離れた話題でいきますね!


☆ヨガをはじめて良かったのは・・・
◎整形外科的な症状がことごとく治った!
股関節のちょっとした痛みや、手のしびれなど、病院に行くほどではない身体の不調が、全てなくなりました。
これには本当に驚いています。適度な運動って大事なんですね、、、今更ですが、痛感。
先生に「今、内臓を自分でマッサージしています」とか「胃の経路を整えています」と言われると、「あ~体にいいことしてるなっ!!」という、圧倒的な満足感が。単純にウレシイ。

◎なにより、ヨガしている時間が楽しい!
楽しいというか、心地よいというか。。。
ポーズを深めようとプルプルしている時も、その後の脱力タイムも、そのゆったりした緩急のあるリズムが私に合っているのかな。毎回リフレッシュ出来ます!
ヨガマットはスタジオに置いているので、荷物が少ないのもいいですね。


☆ヨガをはじめてからの諸問題・・・
◎ヨガウエアがない!何を着てやればいいのかわからない。。。

三度の飯より洋服が好きな私にとって大問題です~!
これは、先生方や友人達へのリサーチと、あと実際にいろんなお店に足を運んでみて。
結果、ルルレモンとスーパーナチュラルで各色揃えて、解決!
10月にニューヨークに行った時には、マンハッタンのルルレモンを全店制覇。売っているものはどのお店も一緒でしたけどね。
でもでも、あのピタッピタのパンツにはトライ出来ていません~。ちなみに、肩も出せていません、、、初心者なりのおとなしいタイプのばかりです、ルルの個性を活かせていませんね、笑。
スーパーナチュラルは、スタジオ以外の場所で着ていてもおかしくないものが多いので気に入ってます。パンツは動きやすく脱ぎ気も楽、生地フェチとしてはウールが入っている生地感も好きです。

◎夜ご飯を作る時間がますます遅くなった!
今後改善をはかりたいと思ってマス。。。

◎かかとの角質をなんとかしたい!
普段から床暖房が大好きな私。冬は、かかとの乾燥が・・・。
ヨガのレッスンでは裸足です。
先生が「このかかとが浮かないようにね」なんて言いながら、ちょっと触れたりするんですよね。ガサガサのかかとに触れていただくのがしのびなく、、、呼吸が乱れ、心拍数が上がってしまいます~!
何回か、ヨガの前にクリームやオイルをすり込みまくってみましたが、当然ながらマットの上で滑る滑る・・・笑。よって、断念。
生徒さんから良いかかとのやすりの情報をいただいたので、トライする予定!

◎ヨガのレッスンが始まる前のスタジオでの過ごし方がわからない!
スタジオでは、思い思いの場所にマットをひいて、ブロックなどを用意して、クラスが始まるのを待つわけですが、この時間にどのように待てばいいのか?
(わがメゾン・ド・カルトナージュでは、生徒さん達は、着いたらすぐに布のチョイスに入りますので、揃うまで待つということがあまりないですね。それとこれとは関係ないですが、笑。)
他の皆さんは、軽いストレッチなどをして待っている方がほとんどですが、私は信じられないくらい体が固いので、ストレッチしている姿(全くストレッチになっていない、なんちゃってストレッチ)を他の方達に見られると思うと、もう恥ずかし過ぎて・・・自意識過剰なのはわかっていても、、、出来ない。
クラスが始まれば大丈夫!先生しか見ていませんもん~。
このスタジオ、鏡がないのも気に入っています。鏡があったら、それに映った自分のカッコワルイ姿にダメージを受けて集中出来ませんワ。
いろいろトライした結果、、、あまり早く行かず、迷惑かけない程度のタイミングで入る。
もしくは、9年間の義務教育時に刷り込まれた待ちポーズである体育座りでじっとしている!(坐骨を立てる座り方が基本なのに、思い切り丸めて待ってますね・・・)

◎クラスでの先生の話に反応したくなる!
これは職業病といいますか。。。
カルトナージュのレッスンでは、私の伝えたいポイントがしっかり生徒さん達のなかに入ったかどうか、反応を確認しながら進めていきますので、、、
ヨガのクラスでも、先生の話に「わかりました!!やってみます」とか、「今まさに、そう感じているところです~」とか、反応したくてたまらなくなるのですね。
先生方はさすがプロ、○○に注意を向けてとか、左のひざがが開きやすいので気を付けてとか、ことごとく付いてくるポイントが当たるんですよ。
ですので、最近は「確かに!!!」と、ぶんぶん頭を振ってうなづくことで、自分なりにわかりましたとアピールしてます~。しなくてもいいけどネ。。。

そして、先生方が素晴らしい(窓からの自然光を背にたたずむ姿は女神にしか見えない)のはもちろんですが、笑顔で迎えてくれる受付の方達もプロだなあと感心することがしばしば。
毎回、気持ちのいいやり取りで、レッスンへすうっと入っていけます。これって大事なことですよね!

以上、つれづれなるままに書いてみました。
普段は、カルトナージュのことばかりのブログですので、畑違いの「ヨガの話」に戸惑われた方も多いかもしれませんね!
最後に、、、もうひとつの目標であったメゾン・ド・カルトナージュの新コース(上級コース)スタートは、来年の一月。
これに向けての準備も、ゆっくりではありますが、着々と進めています。

皆様、どうぞ良いお年を!

写真は、いつも通りの感じで。。。
私が一番好きなお城、フランス・ロワールのアンボワーズ城。
お城は小高い丘の上にたっているので、そこから眺める街やロワール川が最高!
下の2枚は、城下町のお店の看板とアンボワーズ城からの眺めです。
d0168496_17534222.jpg

d0168496_17544361.jpg

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では・・・
◎理にかなった様々なテクニック
◎それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
◎生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれも満足する作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人にきちんと説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

フランスで三年間 ローランス・アンケタン先生に仕込んでいただいた技術と、より美しく仕上げるために自分で練り上げていったコツやテクニック。

「とびきり素敵に、、、とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授しています。


カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているインテリアデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月です。
(募集は終わりました)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-12-26 21:23 | お気に入り | Comments(2)
2016年 12月 12日

2016年秋冬のインテリア・グレイと鈍い水色

今年の秋冬の我が家のインテリアのテーマカラーはグレイ×鈍い水色です!
今回のインテリア、非常に気に入っています。いつもインテリアを変えると、「ちょっと大変だけど、やっぱり変えて良かったなあ」と満足するのですが、今回は特にその満足感が大きいですね!

★ジャカール・フランセ(フランスのジャカード織りのテーブルリネンブランド)のリネンを額に入れて素敵に飾れたことがまずウレシイ。
★もうひとつの額に入れたストライプ生地も、はじめから額に入れようと思ってフランスで購入したので、長年の構想がかなってウレシイ。
などなど、ポイントはいくつかあるのですが、グレイ×水色は、そもそも大好きな組み合わせ。この色合わせでカルトナージュ作品も沢山作っていますので、選びたい放題でした、笑。

さあ、どうぞご覧ください!
d0168496_13262858.jpg

d0168496_1327191.jpg

上の二つの写真に入ってますね、ストライプ生地。このおおらかな感じが、なんだか今の気分です。
d0168496_13292871.jpg

上の写真が、ジャカール・フランセのテーブルクロスです。
この配色・このグラフィカルな織り模様・・・さすが、、、テーブルリネンの王様です。素敵!という言葉しか思いつきませんね。
d0168496_13303796.jpg

上下の写真、このランプは、もう10年以上前に日本で買ったもの。
白金台にスタイルフランスというインテリアショップがあって、そこで買いました。
ランプのシェード部分がかなり黄ばんできたので、自分でグレイに塗ってみました。
d0168496_13311077.jpg

d0168496_13321875.jpg

上の写真、このクッションカバーのチョイスにはだいぶん悩んで、生徒さん達にも相談しましたよね、笑。
結局、冬らしさを意識したリブ編みのものを採用!
d0168496_1333239.jpg

上の写真にチラリと見えているお皿。
下にアップを載せましょう。
これもまた、10年以上前に買った(もっと前かも!)もの。
青山の骨董通りにイネス・ド・ラ・フレサンジュの路面店があったの、覚えている方いますか?(Sさん、覚えていらっしゃいましたね~)そのお店で、いつかインテリアとして飾りたいと思って買った灰皿なんですよ。
今回は、長年あたためていたインテリアツールをたくさん使っていますね。
d0168496_1333336.jpg

d0168496_13344876.jpg

上の写真の水色の箱は、パリのボワシエールのマロングラッセが入っていたもの。
下の写真は、玄関です。ジャカール・フランセの織りの中にたたずんでいる鳥つながりで、鳥の置物を。。。
d0168496_13372956.jpg

Harumi
東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では・・・
◎理にかなった様々なテクニック
◎それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
◎生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれも満足する作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人にきちんと説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

フランスで三年間 ローランス・アンケタン先生に仕込んでいただいた技術と、より美しく仕上げるために自分で練り上げていったコツやテクニック。

「とびきり素敵に、、、とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授しています。


カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているインテリアデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月です。
(募集は終わりました)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-12-12 14:35 | インテリア | Comments(0)