メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 24日

蓋つき丸箱(レッスン作品例・生徒さんの作品)

前回、丸箱基礎レッスンの作品を紹介しましたので、今回はその復習編である「蓋つき丸箱」の紹介をしましょう!

丸箱は直方体とは全く作り方が違うので、基礎レッスンの後に続くもののなかで、「作り方がよく似ているから良い復習になる作品」というものがありません。
ですので、丸箱をもう一度しっかりおさらい!という狙いでカリキュラムに入れています。
狙いなどと大げさな言葉を使いましたが、、、、とにかく可愛いので、生徒さん達に非常に人気のある作品となっています。

生地の組み合わせはもちろんのこと、今回、特に注目していただきたいのが、蓋についているつまみやタッセルなどのアクセント類です!
皆さん、それぞれの生地の雰囲気にピッタリ合ったものを選んでいますよ~!

d0168496_21292035.jpg

d0168496_21302559.jpg

上の作品、こういうグラフィカルな水玉には、メタル系のつまみが合うんですよね~!内側に合わせたのはフューシャピンクのリネン。トリコロールカラーの進化系!
d0168496_21312597.jpg

d0168496_2133221.jpg

オレンジ×グリーンが印象的な上の作品のタッセルは2色使い。パリのウルトラモッドにて購入したもの。特別に艶やかな質感にウットリ。
d0168496_21335752.jpg

d0168496_21345380.jpg

上の作品の金具は、パリの激渋の金具屋さん(我ながらマニアック過ぎる・・・)で吟味してきたコレクションのひとつ。
これ以上ない素敵な組み合わせ!こういう風に使っていただけると、この金具も本望でしょうね?!
d0168496_21354116.jpg

人気のオートンテックの豊穣のカゴには、ナチュラルリネンが良く似合います。
d0168496_21364295.jpg

こちらの水玉の作品も、やはり持ち手はメタリックに!
d0168496_21372713.jpg

同じ形なのに、使う生地やつまみによって、全く違う印象に仕上がるのがカルトナージュの面白いところです。
これだから・・・やめられません!
Harumi

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-04-24 22:28 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)
2016年 04月 09日

丸箱基礎レッスン(レッスン作品例・生徒さんの作品)

自宅近くの遊歩道に並ぶ花みずきの花が開花し始めました。大好きな季節がやってきました!
久しぶりのブログ更新(Nさん、約束果たせました・・・笑)、今日は、丸箱基礎レッスンの生徒さん達の成果をお見せしたいと思います。

丸箱・・・丸いというだけで、何ともいえず魅力的なニュアンスが加わりますよね?
そして、その愛らしい外観とはウラハラに、綺麗に仕上げるのはなかなか難しいとされるものでもあります。

メゾン・ド・カルトナージュでは、丸箱入門として、「丸箱基礎レッスン」を行っています。
何の変哲もない「丸箱」をきちんと作ることを目的としているので、実用的?と問われればちょっと違うかな。。。
生徒さん達は、お茶のセットを入れたり、お菓子を入れてみたり、お盆のような使い方をしているようですね!

ローランス先生の名著(Le grand livre du cartonnage)にも、この丸箱作りは載っていますが、ローランス先生の天才たるゆえんがよくわかりますね~。何ひとつ無駄がない、全てが理にかなった作り方です。
最初にローランス先生に丸箱を教えていただいた時は、大げさでなく体に電流が走る感覚・・・「先生、ブラヴォー~~~!」と叫びそうに!

このローランス先生の作り方を基本として、自分なりに変えていった部分もあります。メゾン・ド・カルトナージュのオリジナルプリントでは、変えた部分やケント紙の使い方をメインに説明してみました。

さて、生徒さん達の力作、どうぞご覧になってください。
文句なしのキレイな仕上がり・・・とびきり素敵な作品ばかりですよ~!

d0168496_21154946.jpg

d0168496_21173169.jpg

d0168496_21182884.jpg

お気づきかと思いますが、この作品では、外側面にリボンをあしらってポイントを付けるのを提案してみました。
特に、外側を無地にして、内側のみに柄を使った場合は、ちょっと外側にポイントをつけると、グ~~ンと素敵になることが多いのです。

そして、いつも言っていますが、こういうアクセントを付ける場合は、「これを付けたら、更に素敵になる!」というものを選ばなくてはならないんですよね。なんでもかんでもつければいいというものではありません。付けない方がいいという場合も多いですから・・・。
生徒さん達が山ほどあるリボンの中から、うんうん悩んで決めたものばかりです。この外側のアクセントに注目して見ていただけると、面白いんじゃないかなあと思います!
d0168496_21191166.jpg

d0168496_21195339.jpg

d0168496_2120348.jpg

d0168496_2121959.jpg

丸箱のたおやかな姿と、生地とリボンのマリアージュ、堪能していただけましたか?
何度見ても、いいねぇ~~とつぶやいてしまう私です。
Harumi

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-04-09 23:08 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(2)