メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

Houlesの生地を使った持ち手つきトレイ

現在の我が家のインテリアはマルチカラー!
それに合わせて持ち手付きトレイを作りました。

このトレイの側面に使った生地は額に入れてリビングに飾っています。そのくらい気に入っているわけです。

モンマルトルふもとAnvers駅の近くの生地屋さんの布の山からこれを掘り起こした時はガツンと感動・・・まさに生地オタクの本領発揮。宝探しです!こういうレアな出会いを求めて日々さすらうわけですね。

フランスのタッセルブランドHoules(ウレス)が1995年に出した生地で、「CARRY」という名前がついています。
ウレスといえばタッセルというイメージしかなかったのですが、以前は生地を出していたことがあるんですね。

多色使いとはいえ全体的にトーンを落とした色出し、にじんだような柄、と私の琴線に触れる要素が満載。
あともう一つ、気に入っている理由があって。渋い紫のぶどうの柄が入っているのです。ですが、このトレイにおいてはほとんどわかりませんね、惜しい!

d0168496_1801124.jpg

d0168496_1805597.jpg


こういう大きいトレイは置く場所を選びますが、リビングにひとつ置いておくと何かと便利ですし、何よりインテリアの良いポイントになるんですよ。
以前にも是非作って欲しいおススメのものとして紹介していますよね!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-11-30 16:52 | カルトナージュ | Comments(6)
2012年 11月 17日

角が丸いレタースタンド(ワンデイレッスンの皆様の作品2)

秋のワンデイレッスンウイークが先週無事に終わりました。
参加していただいた皆様の熱気に応えるべく、私もパワー全開でお迎えした10日間でした。

今回の作品は、後ろ面の上部のラインが、丸い部分も含め平行に出るというのが最大のポイントです。これがキレイに平行に出ると、グンと完成度が上がります。まずは・・・ケント紙が大事ですよね。

どうぞ皆様の素晴らしい作品達をご覧ください!
d0168496_1514821.jpg

このマルチカラーをいっぺんに気に入ったO・Mさん、早い決断でしたね?!作業中はとても真剣、細かいテクニックをすぐに自分のものにしていらっしゃいました。
d0168496_15115210.jpg

柄選びが難しいトワルドジュイでしたが、ご自身で選んだ箇所がこの作品にバッチリはまりましたね~、まるでひとつの絵画のような構成です。最後の鑑賞タイムで、皆でホウッとため息・・・。
d0168496_15123284.jpg

作業中はいつも黙々と取り組むFさん。どこを取ればいいのかだいぶん悩んでいらっしゃいましたが大正解でしたね。Fさんの大満足な様子に、私もとてもうれしかったです!
d0168496_15131542.jpg

背面の細かい水玉が前面の花柄となんともいえない良いハーモニーをかもしだしていますよね?写真では全体がわからないのですが、種類の違う大柄の花を前後で上手に見せています。
d0168496_15154131.jpg

このレゾリヴァードのプリントリネン、Uさんにとても気に入っていただけて、私も選んでもらった布も幸せというものです。背面はシンプルに茶色のスキバテックスでしめて。それがとても効果的です!
d0168496_1517189.jpg

側面から背面に続く渋いラベンダーの水玉、、、完璧に仕上げましたね?!是非とも側面が見える位置に置いて、メインの花柄とのコンビネーションを存分に楽しんでいただきたいですね~。まさにうっとり・・・です。
d0168496_1520233.jpg

ワンデイレッスン初参加とはいえ、とてもご近所のO・Cさん・・・はじめてお会いした気がしなかったです。説明した部分をひとうひとつきちんと実践なさったのがわかるキリリとした仕上がりです!(この作品からうけるキリリとした感じ、カルトナージュではとても大事です)
d0168496_15211561.jpg

現在我が家の壁を彩るエリックボンパールのイラストとあまりにもピッタリなので、そこで写真撮影!フューシャピンクの水玉と、レゾリヴァードのプリントリネン、どちらもメインに使って素敵に個性を出しました。
d0168496_1522244.jpg

こちらはワンデイレッスン第一回目から欠かさず出席いただいているTさんの作品。いつもながら細部まで本当に丁寧に仕上げていますね~、ブラヴォーです!ご自身のブログでも紹介していただいています。

今回のワンデイレッスンに参加していただけなかった皆様、次の機会にお会い出来ることを楽しみにしております。
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-11-17 16:57 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(6)
2012年 11月 08日

角が丸いレタースタンド(ワンデイレッスンの皆様の作品1)と、レッスンで常に心がけていること

メゾンドカルトナージュでは、先週から秋のワンデイレッスンウイークが始まっています!
今回のお題は「角が丸いレタースタンド」
角の丸い部分が最大のポイントになりますので、後ろの面の上部ラインが綺麗に平行に出るよう、皆さん真剣です。

ワンデイレッスンには、カルトナージュ初体験の方も、ベテランの方もいらっしゃいますので、、、、
はじめての方には・・・カルトナージュの「布選びから始まって、ひとつひとつの作業を重ねて仕上げていく楽しさ、そしてそれを生活に使える喜び」を体験してもらいたい!
ベテランの方には・・・ひとつでも多くの技術(カルトンを組み立てていく際のはずせないポイントや、ケント紙のサイズの出し方などなど)や、布やスキバテックスを貼っていく段階での綺麗に仕上げるためのさまざまなコツを習得してもらい、今後のご自身のカルトナージュ製作にしっかり役立ててほしい!
という気持ちで、通常コース同様、メラメラと情熱を持ってレッスンを進めます。

私にとって神様?であり、かつ恩師であるローランス先生が「Harumi、そんなにカルトナージュばかりしていて大丈夫なの?!」と半分あきれつつも、いつもご自身の素晴らしい技術を惜しみなく伝授してくださったように、私もローランス先生から仕込んでいただいたその技術と自分で工夫して重ねていった技術、これらを出し惜しみせず最大限放出するということを常に心がけております!

では、生徒さん達の情熱が伝わってくる素敵な作品達をお届けします!!

d0168496_952138.jpg

レゾリヴァードのプリントリネンをチョイス。悩みに悩んでどこの柄を出すか考えていらっしゃった甲斐がありましたね?こういう規則的な大柄が一番柄の出し方が難しいのです。この生地、Sさんのストールと雰囲気が似ていますよね?
d0168496_9545142.jpg

後ろ面に使ったアルドワーズ(黒に近いグレー・フランスではインテリアでよく使われます)色のスキバテックスが、額縁のようにキリリと柄布を引き立てています。
上の作品を作ったお二人がご友人であること、途中まで気がつきませんでした。お二人とも真剣で、ほとんど話していらしゃらなかったので!
d0168496_9563262.jpg

このイギリスのストライプリネンのチョイス、かなり通です。後ろ面には、トープがかった茶のリネンを使って、全体のトーンを揃えつつも良いポイントになっていますね。全方位、どこから見ても綺麗です。
d0168496_9564152.jpg

このフローラルな柄を最大限に生かした配置にしましたね?!カルトナージュは初めてでいらっしゃいましたが、Jさんの心強いサポートもあって難なくクリア!
d0168496_9572592.jpg

いつもワンデイレッスンに参加していただいてるKさん。作業する姿は常に真剣で、私も毎回襟をただす気持ちになります。今回の柄だしもご自身でいろいろな組み合わせをチェックしつつ決めていらっしゃいましたね!
d0168496_9582381.jpg

こちらもベテランのTさん。質問がいつもピリリと的確で、「そうなんです・・・・!そこが重要なの~!」というポイントをきちんと押さえていらっしゃいます。マドヴァンの柄を前後で変えたのも成功でしたね!
d0168496_9593119.jpg

この茶とエメラルドグリーンのレース柄・・・まさにフレンチ!!素敵ですよね?私も初期からとても気に入っていてヘビーユースしている布ですが、こう見ると、またこれを使って何か作りたくなってしまします。フランス旅行の話、もっとお聞きしたかったです!
d0168496_1002498.jpg

カルトナージュ初の作品がこのレタースタンドでちょっと大変だったかもしれませんね。でも、本当にはじめて?と思ってしまうほど、細かいところがとても綺麗なんです。レッスン中、何度も驚いてしまいましたよ!
d0168496_1011076.jpg

こちらのマルチカラーを教室で使った方は実はAさんが初めてなんですよ。この出来栄えを見ると、他の生徒さん達もこのマルチカラーに殺到してしまいそうな・・・。内側に使ったカスパリ(フランスのシックな紙系ショップ)のブルーの紙もナイスチョイス!
d0168496_102450.jpg

ラベンダーの大柄の花をしっかり活かした配置にしましたね!後ろ面に使った同じくラベンダーのリネン、淡い色の無地で難しいという方も多いんですが、とても綺麗に仕上げていらっしゃいました!

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-11-08 11:48 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(10)
2012年 11月 01日

カルトナージュでぜひ作って欲しいお勧めのもの<15>ナイトオーバー

このナイトオーバーたるもの・・・寝室のコンソールに置いて、寝る前にはずす細かいものを収納する為の箱です。
フランスでもインテリアショップでよく売られていて、いつも「可愛いけれど大きすぎる!これを置くスペースとなると、、、う~ん。。。」と、ひとりつぶやいてました。

帰国してから、日本でもたびたびこのようなナイトオーバーを見かけましたが、見事にサイズダウンしてあって。納得!

私は、お気に入りのレゾリバードのプリントリネンを使って作りました!
この生地はクッションカバーに使ったりカルトナージュに使ったりで、残りわずかになってしまいました。日本ではもう買えないので、今すぐサンジェルマンデプレに飛んでいきたい気持ちですね。ざっくりした粗めのリネンに重ねられたプリントがとても綺麗・・・。
d0168496_1903237.jpg

d0168496_1914380.jpg

内側はフューシャピンクの水玉を使用。思い切り可愛く仕上げてみました!
私はリビングの棚に置いて、時計や普段使いの指輪などを入れて使いました。とても便利ですよ!
d0168496_1924555.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-11-01 19:25 | ぜひ作ってほしいお勧めのもの | Comments(5)