メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:レッスン作品例・生徒さんの作品( 66 )


2014年 11月 09日

ティッシュケース(レッスン作品例・生徒さんの作品)

生徒さんの作品、今回は「ティッシュケース」です!
ティッシュケースといえば、ダストボックスと並んで、なかなか気に入るものに出会えない!!ものの筆頭格ですよね。カルトナージュでとびきり素敵なものを作って、大のお気に入りにしちゃいましょう。
美しい実用品として、大活躍間違いなしの逸品の数々をどうぞご覧くださいませ。
特に、、、、柄布と無地のリネンの色合わせや、蓋のポイントとなるアクセサリーの選び方(リボン、スタッズ、Dカンなどなど)、柄物同士の組み合わせ方をひとつひとつ確認しながら見ていただくと楽しいですよ!
こういう組み合わせは、洋服や靴、アクセサリーを選ぶのと一緒ですよね。こういう雰囲気で・・・この色をアクセントにして・・・ちょっと質感の違うものも加えたり・・・悩むのが楽しい!私も、あれやこれやと合わせてはウンウン言いながら生徒さん達と布やポイントにするものを選んでいく時間が大好きです!
d0168496_2223710.jpg

ティッシュ取りだし口のリボンのあしらい方が絶妙です、悩みに悩んだ甲斐があるというもの、大成功でしたね。
蓋と本体の生地のチョイスも完璧、レゾリヴァードの規則柄を活かしています。
d0168496_2231936.jpg

朱色の生地に少し使われているトープ(泥色・ねずみ色)を本体のリネンに繰り返しました。
ポイントのアンティークゴールドのつまみもピッタリ。。。
d0168496_2241792.jpg

同じブランドの柄違いの生地を上下に使いました。この生地は私もかなり気に入っていてヘビーユースしています。買い足したい生地ナンバーワンですね、ざっくりしたリネンに白のプリントが映えて。
d0168496_22111711.jpg

d0168496_22123569.jpg

いつもながらのパーフェクトな仕上がり。ついつい内側も激写してしまいます~。内側に使った製本クロスや紙の色合わせもよくご覧ください。
d0168496_22145332.jpg

ゴールドのスタッズをあしらってパキッとしたポイントにしています。大きめの足割れピンを使っているんですよ。
d0168496_22145349.jpg

リバティの生地に使われている色からつなげて、一段濃いカーキのリネンを本体に使っています。ポイントの紫のグログランも効いてます、小さいながらも良い働きしていますよね!
d0168496_22171122.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-11-09 23:24 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(1)
2014年 11月 01日

ダストボックス(レッスン作品例・生徒さんの作品)

前回、レッスンの様子を皆さんにご覧いただきましたよね。
反響が大きくて驚いています!レッスンの雰囲気がわかって秘密のベール?が少しはがされた感じでしょうか。好評なことに気を良くして、第二弾もやりますのでどうぞ楽しみにお待ちくださいね。

さて、前回仕上げたダストボックスをご覧いただきましょう!
たまたま3作品ともトワル・ド・ジュイに規則柄を合わせていますね。
d0168496_13491834.jpg

d0168496_13501285.jpg

3作品全てに言えることですが、柄とそれに合わせて選んでいただいた規則柄の組み合わせが本当に素敵なんですよ!
柄ものとそれに合わせる無地の生地(または規則柄)が完璧で初めて、とびきり素敵な作品になるんです。これは本当に大事なことです。
何となく・・・で合わせるのはなくて、これぞ!というものを合わせましょう~!

こういう生地や紙の組み合わせと、理にかなったテクニックと、細部にまで手を抜かない丁寧さが合わさると、何度見てもうれしい・・・ワクワクしてしまう作品が出来上がります。日に何度もチラ見しては自己満足!幸せな気持ちになれます。
d0168496_13505734.jpg

d0168496_13514725.jpg

角はキッチリ!申し分ない仕上がりですよ。
こういうシンプルな作品であっても、細かくチェックすべきポイントは沢山ありますよね。
実際に私が説明するのを目で見て自分でやってみて、、、まさに日本の職人です?!こればかりは伝達や画面だけでは難しいものですね~。
d0168496_13524073.jpg

他にも素敵なダストボックスが沢山仕上がりました。皆さん、使っていますか~?ホコリひとつ入れたくない!とおっしゃっている方がいて・・・笑。
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-11-01 14:43 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(1)
2014年 10月 18日

ある日のレッスン風景・ダストボックスレッスン

メゾン・ド・カルトナージュでは、毎年、年末または年初に新しく生徒さんを募集してクラスを作り通常コース(定期レッスン)を始めます。その際はブログでお知らせしています。

今年の一月から定期レッスンに通っている方達もすっかり慣れて、毎月楽しみに(かつ真剣に・・・)レッスンに来ていただいています!

今日は、そんなある日のレッスン風景を紹介しましょう!このブログ史上初の試みです。
なぜ紹介しようと思ったかと言うと・・・

生徒さん達が皆「体験説明会(又はワンデイレッスン)に申し込む時は本当にドキドキしました~~!!初めて教室に来る時も、すっごく緊張しちゃって・・・!」とおっしゃるんですよ。
確かにこのブログでレッスンの様子も紹介したことがないし、、、まるで秘密クラブのようなイメージでしょうか?!
一度来ていただくとそんなイメージも吹き飛んで、皆さん安心してカルトナージュに没頭していただいたり、いろいろなよもやま話に花を咲かせたり。。。とにかく濃い時間を過ごしていただいています。

通常コースでは、はじめに3個~平面のものを作って、それから立体物にうつります。
生徒さん達に着実に上達していただけるよう、毎月新しいテクニックを盛り込んだものを取り入れています
かなり練り込んだレッスンですので時間もかかります、皆さんへとへとになってしまいます・・・生徒さん達には、レッスンの後に予定を入れないでくださいね~と言ってあります、笑。

この日のレッスンのお題は、「ダストボックス」!
先月のファイルボックスに続く大物ですね。
d0168496_18435829.jpg

こんな感じで生地を用意しておきます。約8割がフランスやイギリスのものです。フランス滞在時に週に3、4日カルトナージュを習った後に生地屋さんをパトロールして集めたものがほとんどです。生地屋さんの膨大な売り物のなかからこれぞという生地に巡り合うには・・・執念が必要です!
(例外もあります、オデオンにあるレゾリヴァードブティックのフランス製オリジナルプリント生地は全て素晴らしいです。大好き!結構な値段ですが、その価値は十分にあります。)
d0168496_18445311.jpg

今日はお一人振り替えなさったので、3人のレッスン。基本的には、4人か5人でひとクラス作ります。
皆さん、たまたま似た感じの組み合わせで生地をチョイスなさいました!
トワル・ド・ジュイとストライプや規則柄を組み合わせていますね~、もう、見ただけでテンションが上がる~!真ん中の組み合わせはコットン、両脇の組み合わせはざっくりとしたリネン。
d0168496_18454542.jpg

d0168496_18464242.jpg

脇のライン取りの角を45度に折り込みます。完璧に仕上げる為には・・・
このマジックカットでないと!!
このカットを生徒さん達に説明する時に、いつもお茶の作法の袱紗の扱いを思い出してしまうんですよ。通じるものがあるのかしらん?
d0168496_18472091.jpg

生地をきちんとした位置に貼ったら、すかさず布でゴシゴシ!こういうところ、手を抜いちゃいけませんよね。
d0168496_18491647.jpg

どの作品でも、上辺を特にキッチリ仕上げましょう、目立つところですよ~!
d0168496_18502958.jpg

内側を貼ったら、ヘラでしっかり角をとっていきます。これは、組み立ての時のクラフトテープを貼る時から心がけましょう。
d0168496_18511835.jpg

ふう~、なんだかレッスンしている気分になってきました!
こんな感じで細かい説明と実践、その確認を繰り返しながら、あっという間に時間は過ぎていきます・・・
4時間ほど経ちましたか、、、とうとう仕上がりました!
カルトナージュをする皆さんならわかりますよね~~、歓喜の時です!
次回は、出来あがった作品を紹介します、どうぞお楽しみに!!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-10-18 20:43 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(8)
2014年 09月 10日

シュシュボックス(ワンデイレッスンの皆様の作品・後半)

ワンデイレッスンの皆さんの作品・後半です!
今回のワンデイでは、お友達同士で参加なさった方が多かったですね。
定期レッスンでも、ワンデイでも、お一人で申し込みして参加なさる方が多いので、なんだか珍しいなあと思いつつ。。。お友達同士ならではの丁々発止のやりとりを聞くのも楽しくて!
お話に爆笑してしまったり、割って入ってしまったり。
メゾン・ド・カルトナージュは、「この作品ではここが大事!!という絶対押さえておきたいことについての説明・そこを理解してきちんと実践していただく」ことをポリシーとしているので、ほぼ毎回長時間レッスンとなりますが、今回は特に笑っている時間もプラスされて・・・!
まるで、日ごろ定期レッスンで慣れ親しんだ皆さんとやり取りしているような、そんな気持ちになりました。
そんな中、キッチリ集中力をキープ(これホントに大切ですよね)して丁寧に丁寧に作られた作品をご覧ください!
d0168496_22285392.jpg

内側の側面に何を使うか・・・そういうところまであれやこれや悩むのが楽しい!
d0168496_22281861.jpg

d0168496_22261157.jpg

d0168496_2226542.jpg

d0168496_22273357.jpg

d0168496_22303469.jpg

蓋にキルト芯を入れているので普段より難しい柄合わせが完璧・・・この生地をいかしていますね!ブラボー!
d0168496_2231455.jpg

今、娘が来て、「3年ぶりの更新?」と聞かれました。。。が、なんと前の記事から1週間以内の更新デス~!
娘は、フェイスブック・ツイッター・インスタグラム・ライン(まだあるかも?)などと日々共に生きているので、私のブログの更新の遅さが信じられないようで!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-09-10 23:12 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(0)
2014年 09月 04日

シュシュボックス(ワンデイレッスンの皆様の作品・前半)

久々のワンデイレッスンが終わりました!
お題は「シュシュボックス」です。
今回のワンデイレッスンは3日間でした。カルトナージュがほぼ初めてという方から、かなりやり込んでいらっしゃる方まで・・・皆さん本当に熱心に取り組んでいただきました。
ベテランさんには、ここメゾン・ド・カルトナージュにて自分史上最高の出来栄えを体験していただきたく
ザ・カルトナージュおたく(私)流テクニックとローランス先生仕込みの合理的なカルトンの組み立て方やキルト芯や布のさばき方まで、、、きっちりレッスンさせていただきましたよ~。
ほぼ初めての方にも、基本的な動作から細かいテクニックまでドシドシ遠慮せずに?説明・解説します。そして実践してもらいます!
そんな皆さんの熱意のこもった作品をどうぞご覧ください!
d0168496_1671170.jpg
d0168496_1661421.jpg

d0168496_1603319.jpg

d0168496_1612936.jpg

皆さんの「こんなに綺麗に仕上がったのは初めて!」という声を聞くと、私もとてもうれしいです。
「綺麗に仕上がる」には、理由があるんですよね
カルトン組み立ての第一歩から、最後に外側底面のスキバテックスを貼るまで・・・それこそ、いくつものポイントをひとつひとつ押さえていくと、キリリとした美しい箱が出来るんです
せっかく手間ひまかけて作るんですから、少しでも綺麗に仕上げて大満足の作品にしたいのは皆さん一緒ですよね!
d0168496_163231.jpg

d0168496_163324.jpg

d0168496_1641946.jpg

d0168496_1663137.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-09-04 16:58 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(5)
2014年 07月 30日

丸箱基礎レッスン・・・生徒さん達、丸箱マイスターを目指して欲しい!

今年初の試みで、「丸箱基礎レッスン」を通常コースのカリキュラムに入れてみました!

この丸箱の基礎レッスンでは、、、
本体の合理的かつ正確な成形の仕方
一番難しい内側側面を綺麗に仕上げる方法
全ての場面で細かいサイズチェックが必要なケント紙と布の貼り方
を一から学びます。
丸箱作りの基本から、ここが難しいんですよ~~、さてどうする?!というところまで、生徒さん達にきっちり学んでもらうことが目的です。
私は、ローランス先生に丸箱を習って以来の生粋の丸箱マニア・・・ローランス先生の丸箱の作り方が世界一!と思っています。
そして、私なりの工夫も入れてトライ、トライ、トライ!(エラーももちろんありますよ!)丸箱作り続けて8年・・・この丸箱基礎レッスン、すごく気合いが入ってしまいます。
生徒さん達に丸箱マイスターを目指して欲しい!!!
なので、丸箱作りの難しさがしっかりわかる大きさ(小さすぎず、高すぎず)と、ベーシックな形(蓋などはつけない)にこだわりました。
今回、このレッスンを受けた生徒さん達からとても好評なのが本当にうれしく、、、。
真剣に取り組んだ皆さんの作品をどうぞご覧になってください!
d0168496_17375149.jpg

d0168496_17383833.jpg

上のお二人は、オートンテック社の、豊潤のカゴを使っています。同じ布を使って2パターン、それぞれリボンが効果的で!
d0168496_17392244.jpg

d0168496_1740886.jpg

上の2作品の布の使い方をご覧ください・・・生徒さん、尊敬してしまいます!
d0168496_1741253.jpg

d0168496_17413482.jpg

上の作品二つ、内側の柄布と外側のリボンのコンビネーションにうっとり・・・
生徒さん達、ご自宅での復習は出来ましたか?
9月には、「蓋つき丸箱」を作りますよ~!もう一度、しっかり丸箱を復習する良い機会です。
張り切ってお待ちしています!

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-07-30 18:36 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(2)
2014年 06月 18日

小さいカゴ(レッスン作品例・生徒さんの作品)

生徒さん達の作品。今回は「小さいカゴ」です。
このカゴ、可愛い外見に似合わずなかなかの難作品ですよね。
少しでも作りやすいように私なりのいろいろな工夫を入れてみましたが、それでも綺麗に仕上げるのが本当に難しく、途中でくじけそうになる生徒さん達がお互いを励ましつつ進んでいきます。
でも、仕上がった時は「可愛い~~~!」と叫んじゃうくらい・・・小さいということもあって何ともいえない愛らしさ
このカゴを家で復習した生徒さんから写真を送ってもらうと、「おぉ~○○さん、偉い!」とつぶやきつつじっくり鑑賞してしまいます。
皆さんの力作、どうぞご覧ください!
d0168496_150413.jpg

持ち手の裏には私の愛するグログランリボンを使っています。皆さん、全体の良いアクセントになるような色を選んでいますね。
d0168496_151241.jpg

d0168496_157744.jpg

内側に使う生地もシッカリ厳選してるんですよ~。外側の生地とのコンビネーションをよくご覧くださいね!
d0168496_1533534.jpg

下の写真の生徒さんは、カゴらしい編み込みの柄の生地を使った為、内側も同じ生地で統一。素敵!
d0168496_1553243.jpg

d0168496_1561565.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-06-18 15:45 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(0)
2014年 05月 27日

くり抜き持ち手の箱(レッスン作品例・生徒さんの作品)

生徒さん達の作品の紹介です。
今回は、「くり抜き持ち手の箱」です。
真横から見るとこんな感じ。。。
d0168496_16175395.jpg

ちょっとずらして見ると、こんな風に持ち手がくり抜かれています。
くり抜きがあるということは、、、、
そこにライン取りしていくという作業・ライン取りした箇所に接する二面に使うケント紙を正確に作るという作業などなどが発生しますよね。必然的にここで、グンと時間がかかるわけです。生徒さん達に細かいところまできちんとチェックしてもらいながら、ひとつひとつ進めていきます。
その分、くり抜き周りが綺麗~に仕上がると、それはもううれしいわけで!
d0168496_16183418.jpg

この作品は、敢えてくり抜き意外にもライン取りを多用して作ってもらいました。
ライン取りするときは、とにかくラインを平行に仕上げる!!ことが何より大事。基本的な事ですが、これが全てと言っても良いでしょう。ただ、これが実は難しい・・・!(生徒さん達、外側の柄紙・ケント紙を巻いていく作業のコツをお忘れなくですよ~~)
皆さん、かなりの集中力でしっかり平行に仕上げました、じっくりご覧になってください!
d0168496_16192861.jpg

d0168496_16202194.jpg

使う柄紙やスキバテックス、無地の紙の違いで、ずいぶん雰囲気の違う作品になりますね。
d0168496_1621345.jpg

写真ではわかりにくいですが、ライン取りはワイン色。対する内側の黄色が効いてますね!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-05-27 17:23 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(1)
2014年 03月 07日

リボンの魅力・その2・・・生徒さんの作品から

前回はすっきりとリボンを使っている作品を紹介しましたが、今回は思い切り可愛く!!リボンをあしらっている作品を紹介しましょう。

私にとってリボンとは・・・ほぼグログランリボンのこと!グログランリボン愛、強烈です。
個人としてのグログランリボンコレクションは東京随一じゃない~?なんて・・・でも本当にそうかも!

私が最近ひらめいて凝っているのが、グログランリボンとスキバテックスのコラボレーションです。
ですので、ついつい生徒さん達にもおススメしてしまいますね!
生徒さん達の可愛い可愛いリボンつきの作品、どうぞご覧になって下さい。
d0168496_21141520.jpg

茶色のグログランリボンに茶のスキバテックスを巻いて使っています。
リボンの形が整って張りも出ますよね!Dカンにも同色のリボンを使っています。
d0168496_21155622.jpg

細めのチャコールグレーのリボンに同色のスキバテックスを内側に使ってシックな中にも胸にキュンとくる作品に仕上げましたね。細かい作業ですが、大変キレイに仕上げています。
実物を前にするとウットリ見とれてしまいますよ~~。
d0168496_21165686.jpg

d0168496_2117442.jpg

ちょちょちょっとリボンをいじって、ふと気がつけばこの二段のふくらみを作っていましたね。
箱本体のリネンのグレーとリンクさせたおさえた色遣いのリボンを、キュートに変身させて・・・!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-03-07 22:04 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(7)
2014年 02月 16日

リボンの魅力・その1・・・生徒さんの作品から

カルトナージュの楽しみの一つに、ポイントとして加えるリボンや金具をあれやこれや作品本体にあててみながら選んでいくという作業がありますよね。
この作業、スグに決まればすんなり終わりますが、二者択一で悩みだすと延々と続くことが多いです。どちらも捨てきれない!と悩み悩み・・・。
ようやく決めたリボンがピタッと決まった時のうれしさは格別です!
私も絶対に妥協してほしくないところなので、生徒さんと一緒にうんうん考えることもしばしばです。

ブックタイプなどの蓋つきの箱には、リボンや金具を付けてポイントをつけることが多いです。
当然ながら、ポイントを付ける前の作品より、付けた後の作品がグ~~ンと素敵になるように選ばなければなりません。
これを足すとどのくらい素敵になる?!と自問自答しながらリボンなどのアクセサリーを選ぶ楽しさ、カルトナージュの醍醐味です。
今回は、そんなリボンの魅力が匂い立つ作品をお届けしましょう。

d0168496_17351616.jpg

この繊細なレース柄を活かすリボンとタッセル選び。か・な・り難しかったですよね~。
複雑な織りのリネンリボンとつややかな光だけを発するほぼ色のないタッセルをチョイス・・・完璧でした。
d0168496_17474411.jpg

d0168496_17355830.jpg

この黄緑色地の生地にピッタリのリボン、まさに奇跡の組み合わせ!金色のピンを打ってすっきりと仕上げました。
d0168496_17365062.jpg

柄の中の一色を取ってフューシャピンクのブレードを二重につけました。このリボンとタッセルのチョイスによって誰が見ても可愛い!と叫んでしまう作品に。。。
d0168496_1738293.jpg

柄の中の二色を取ってエメラルドグリーンのグログランリボンに茶色のブレードを重ねています。二色使った場合は、そのうちの一色をタッセルに使うのはマストです、グンと引き締まります!
d0168496_17384984.jpg

おもしろいジオメトリック柄で私も大好きな生地です。この生地からターコイズを取りだし、リボンとタッセルに使っています。深いグリーンに鮮やかなターコイズが映える映える!
ちなみに内側もターコイズ。文句なしにキレイ!
d0168496_17401660.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-02-16 18:38 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(5)