カテゴリ:お気に入り( 26 )


2017年 02月 21日

可愛いもの・最近のお気に入り

「これ可愛い!」と思わず声が出てしまうもの、ありますよね?
日々ふれているカルトナージュ作品はその筆頭格。
その形・キリリとしたたたずまい(キリリでも可愛い!)。使った生地の質感・色出し・組み合わせ・・・「可愛い理由」はいくらでもあげられますもん!
脳からのドーパミンをじゃんじゃん出してくれる、素敵な相棒です。

カルトナージュ作品以外でも、それは沢山あります。
今回は、最近出会った「可愛いお気に入り」を紹介しましょう!

まずは、フクロウ三兄弟
子供が修学旅行のお土産にと買ってきたもの。
笑っちゃうくらい、私の好みをとらえてますナ。
d0168496_1313736.jpg

d0168496_1322658.jpg

神戸のガラス工房で売っていたそう。確かに、鼻がガラス!
色違い買いしてきた子供を思わず褒めてしまいましたね。
d0168496_133214.jpg

次は、生徒さんが一目ぼれして購入したネコの兄弟。イタリア ミラノの職人さん達がひとつひとつ作っているものだそう。
レッスンに持ってきて見せてくれました!
一同、「可愛い~!」
d0168496_1341915.jpg

目に使われているボタンなど、細部までこだわりの素材が使われています。
ただものでない上質感。

写真が上手く撮れてなくて残念ながら載せていませんが、子供たちの学校のバザーで売られている制服を着たミニチュア人形(スカートのプリーツまでステッチで表現してあるんです)と相通じるものがありますね。
d0168496_1345083.jpg

私の好きなマリクレール イデーというフランスの雑誌があるのですが、それに載っていそうな。。。
d0168496_1354513.jpg

下は、タイのパーカマオーというチェック柄を使ったゾウとクマのぬいぐるみ
バンコクのエンポリアムで、ふと目にとまって、日本までお持ち帰り決定。
売り場で、30分以上悩みに悩んでこの二つに決めたのが懐かしい。
d0168496_1362062.jpg

d0168496_137028.jpg

最後は、生花。
グリーンを育てるのが下手なので、普段は家の中にはインテリアグリーンしかおいていませんが、生花をいただいた時は、それはそれは大事にして愛でています!

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では・・・
◎理にかなった様々なテクニック
◎それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
◎生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれも満足する作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人にきちんと説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

フランスで三年間 ローランス・アンケタン先生に仕込んでいただいた技術と、より美しく仕上げるために自分で練り上げていったコツやテクニック。

「とびきり素敵に、、、とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授しています。


カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているインテリアデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2017年12月〜2018年はじめを予定しています。


★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2017-02-21 14:04 | お気に入り | Comments(0)
2016年 12月 26日

ヨガの話

2016年最後のブログは・・・
ヨガの話
春からはじめたヨガですが、すっかり生活の一部となっています。
家族や生徒さん達もビックリのヨガ通い・・・一番驚いているのは自分ですけど!
一年前の自分からは想像も出来ませんからね。

昨年の夏に書いたカルトナージュナビの連載コラム(下にあるバナーから、コラムに飛べます)に、「一年後の私」というお題があって、そこに、新しいコースの構想と、何らかの運動を始めたい!と書きました。
                  ↓
言ったことは実行しなきゃと、3月に自分を奮い立たせて二子玉川のヨガの体験をいくつか。
まだ寒い季節でしたので、床暖房完備のスタジオに魅かれました!大きい窓があるスタジオで解放感も抜群です。
                  ↓
体験でなんとかいけそうだったので、一か月のフリーパスを購入
                  ↓
ヨガの楽しさや心地よさに目覚めてからは、どっぷり、ヨギーニ生活へ!

というわけですね!
ですが、20年以上、なんの運動もしてこなかった私です。スニーカーさえ持っていませんでした。
子供たちの運動会なども、ローファーでごまかしつつの参加でしたね。

そんな「運動のある生活」からは一番遠いところにいた私が、ヨガをはじめてからのよもやま話
今日は、カルトナージュからは思いっ切り離れた話題でいきますね!


☆ヨガをはじめて良かったのは・・・
◎整形外科的な症状がことごとく治った!
股関節のちょっとした痛みや、手のしびれなど、病院に行くほどではない身体の不調が、全てなくなりました。
これには本当に驚いています。適度な運動って大事なんですね、、、今更ですが、痛感。
先生に「今、内臓を自分でマッサージしています」とか「胃の経路を整えています」と言われると、「あ~体にいいことしてるなっ!!」という、圧倒的な満足感が。単純にウレシイ。

◎なにより、ヨガしている時間が楽しい!
楽しいというか、心地よいというか。。。
ポーズを深めようとプルプルしている時も、その後の脱力タイムも、そのゆったりした緩急のあるリズムが私に合っているのかな。毎回リフレッシュ出来ます!
ヨガマットはスタジオに置いているので、荷物が少ないのもいいですね。


☆ヨガをはじめてからの諸問題・・・
◎ヨガウエアがない!何を着てやればいいのかわからない。。。

三度の飯より洋服が好きな私にとって大問題です~!
これは、先生方や友人達へのリサーチと、あと実際にいろんなお店に足を運んでみて。
結果、ルルレモンとスーパーナチュラルで各色揃えて、解決!
10月にニューヨークに行った時には、マンハッタンのルルレモンを全店制覇。売っているものはどのお店も一緒でしたけどね。
でもでも、あのピタッピタのパンツにはトライ出来ていません~。ちなみに、肩も出せていません、、、初心者なりのおとなしいタイプのばかりです、ルルの個性を活かせていませんね、笑。
スーパーナチュラルは、スタジオ以外の場所で着ていてもおかしくないものが多いので気に入ってます。パンツは動きやすく脱ぎ気も楽、生地フェチとしてはウールが入っている生地感も好きです。

◎夜ご飯を作る時間がますます遅くなった!
今後改善をはかりたいと思ってマス。。。

◎かかとの角質をなんとかしたい!
普段から床暖房が大好きな私。冬は、かかとの乾燥が・・・。
ヨガのレッスンでは裸足です。
先生が「このかかとが浮かないようにね」なんて言いながら、ちょっと触れたりするんですよね。ガサガサのかかとに触れていただくのがしのびなく、、、呼吸が乱れ、心拍数が上がってしまいます~!
何回か、ヨガの前にクリームやオイルをすり込みまくってみましたが、当然ながらマットの上で滑る滑る・・・笑。よって、断念。
生徒さんから良いかかとのやすりの情報をいただいたので、トライする予定!

◎ヨガのレッスンが始まる前のスタジオでの過ごし方がわからない!
スタジオでは、思い思いの場所にマットをひいて、ブロックなどを用意して、クラスが始まるのを待つわけですが、この時間にどのように待てばいいのか?
(わがメゾン・ド・カルトナージュでは、生徒さん達は、着いたらすぐに布のチョイスに入りますので、揃うまで待つということがあまりないですね。それとこれとは関係ないですが、笑。)
他の皆さんは、軽いストレッチなどをして待っている方がほとんどですが、私は信じられないくらい体が固いので、ストレッチしている姿(全くストレッチになっていない、なんちゃってストレッチ)を他の方達に見られると思うと、もう恥ずかし過ぎて・・・自意識過剰なのはわかっていても、、、出来ない。
クラスが始まれば大丈夫!先生しか見ていませんもん~。
このスタジオ、鏡がないのも気に入っています。鏡があったら、それに映った自分のカッコワルイ姿にダメージを受けて集中出来ませんワ。
いろいろトライした結果、、、あまり早く行かず、迷惑かけない程度のタイミングで入る。
もしくは、9年間の義務教育時に刷り込まれた待ちポーズである体育座りでじっとしている!(坐骨を立てる座り方が基本なのに、思い切り丸めて待ってますね・・・)

◎クラスでの先生の話に反応したくなる!
これは職業病といいますか。。。
カルトナージュのレッスンでは、私の伝えたいポイントがしっかり生徒さん達のなかに入ったかどうか、反応を確認しながら進めていきますので、、、
ヨガのクラスでも、先生の話に「わかりました!!やってみます」とか、「今まさに、そう感じているところです~」とか、反応したくてたまらなくなるのですね。
先生方はさすがプロ、○○に注意を向けてとか、左のひざがが開きやすいので気を付けてとか、ことごとく付いてくるポイントが当たるんですよ。
ですので、最近は「確かに!!!」と、ぶんぶん頭を振ってうなづくことで、自分なりにわかりましたとアピールしてます~。しなくてもいいけどネ。。。

そして、先生方が素晴らしい(窓からの自然光を背にたたずむ姿は女神にしか見えない)のはもちろんですが、笑顔で迎えてくれる受付の方達もプロだなあと感心することがしばしば。
毎回、気持ちのいいやり取りで、レッスンへすうっと入っていけます。これって大事なことですよね!

以上、つれづれなるままに書いてみました。
普段は、カルトナージュのことばかりのブログですので、畑違いの「ヨガの話」に戸惑われた方も多いかもしれませんね!
最後に、、、もうひとつの目標であったメゾン・ド・カルトナージュの新コース(上級コース)スタートは、来年の一月。
これに向けての準備も、ゆっくりではありますが、着々と進めています。

皆様、どうぞ良いお年を!

写真は、いつも通りの感じで。。。
私が一番好きなお城、フランス・ロワールのアンボワーズ城。
お城は小高い丘の上にたっているので、そこから眺める街やロワール川が最高!
下の2枚は、城下町のお店の看板とアンボワーズ城からの眺めです。
d0168496_17534222.jpg

d0168496_17544361.jpg

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では・・・
◎理にかなった様々なテクニック
◎それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
◎生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれも満足する作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人にきちんと説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

フランスで三年間 ローランス・アンケタン先生に仕込んでいただいた技術と、より美しく仕上げるために自分で練り上げていったコツやテクニック。

「とびきり素敵に、、、とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授しています。


カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているインテリアデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月です。
(募集は終わりました)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-12-26 21:23 | お気に入り | Comments(2)
2015年 09月 15日

ニューヨークの一押しスポット

この夏は一か月ほどニューヨークに滞在してきました。
ニューヨークは新婚のころ住んでいたことがあるなじみの深い場所です。
今回は私の一押しの場所を紹介しますね!

まずは・・・私が今回の滞在ではじめて行ったお店で、意外にも絶景が見られたのでご紹介。
下の写真の景色、手前の緑と後方のビル群のコントラストにジ~ン・・・
ユニオンスクエアのすぐ南、14th streetにあるDSWという靴のディスカウントストアの上の階のエスカレーター脇から、バッチリこのパノラマが見られます。お店のサービスの一環?なのか、各階ド~ンと大きなガラス窓からこの景色を堪能出来るんです。
一瞬、靴をチェックする目的を忘れそうになりましたが、、、スグに思いだして何足か購入!
d0168496_23223680.jpg

次は定番のブルックリンブリッジの夜景
ブルックリンブリッジを渡るのは今回初めて。渡り始めてしばらくしてから床が木で出来ているのに気がついて、、、冷や汗垂らしながら渡りました。。。まるでつり橋を渡っているみたいで、生きた心地がしませんでした。
でもやっぱり、この景色はマンハッタンを感じますよね!
d0168496_232379.jpg

次の写真からは、クロイスターズ美術館です!
ここ、超おススメです、、、。ヨーロッパ好きにはたまらない場所ですね~。
メトロポリタン美術館の別館となっていますので、メトロポリタン行ったら、是非ともここにも行ってください。足をのばす価値があると思います!
中世ヨーロッパの建築と美術品を集めてあって、その建物も素晴らしい・・・。
メトロポリタン美術館からはだいぶん離れていますが、メトロやバスで行けます。
メトロの駅190th streetから歩くと、ハドソンリバーをのぞむ景色やフォート・トライオン・パークも楽しめますので、メトロで行くのが私は好きです。
d0168496_23234013.jpg

d0168496_23241452.jpg

タピストリーが素敵。それはもう、、、穴があくほど見ます。
パリのクリュニー美術館を思い出しますね。
d0168496_23245329.jpg

d0168496_23253211.jpg

ステンドグラスもシックです!
d0168496_23262963.jpg

私は大興奮で見ていますが、子供たちはどの部屋もすたすた早足でスルーしちゃうんですよ、笑。
d0168496_23311675.jpg

下の写真は、YMCAのバスケのデイキャンプに通う下の娘。セントラルパークの隣を歩いて毎日通いましたので、私もセントラルパークとその周りに詳しくなりました!
d0168496_23274274.jpg

この間、全くカルトナージュは出来ませんでしたので、9月からはカルトナージュ脳にスイッチが入って!
近頃は、試作⇒革ひもや金具などの素材探し⇒試作⇒金具をきちんとつけられる工具探し⇒試作と、製作漬けの生活を送っています。これに入ってしまうと、家事が完全に後回しに・・・。
Harumi
カルトナージュナビに連載中のコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2015-09-15 00:42 | お気に入り | Comments(2)
2015年 02月 08日

パリのカトラリー・SABRE

今日は久しぶりに私のお気に入りのものを紹介しましょう。

私がパリ滞在時に買い込んだもののひとつ、SABREです!
SABREはパリのカトラリーブランドで、カラフルなプリントがたまらなく魅力的なんです。まさに色の洪水です。

はじめはトリコロールカラー・水玉だけにしよう!と思って買い始めたのが、どんどんふくらんでいくというショッピングの罠。この可愛い悪魔に勝てないのが私です・・・。
d0168496_1143874.jpg

この下の写真、持ち手をよくよくご覧ください!なんと、ベースに生地のようなプリントが施されているんです。もう、これでノックアウトされちゃいますよね?山道テープ模様もたまりませんワ。
d0168496_11434444.jpg

ペーズリー、ハート、チェック各種、ハワイアン、などなど。。。お店にはたくさんの色が売られていますが、そこはなんとかこらえて、ブルー系と深いピンク系で統一。
d0168496_11442097.jpg

そしてなんと、、、下の写真のブルーの方を見て下さい。トワル・ド・ジュイ模様もあったんですよ~~~!ツボを刺激してくるアイテムが満載。
d0168496_11444765.jpg

そして、ついでにもう一つ。私の色違い買いを、よく表しているのが下の写真ですね。
d0168496_11451679.jpg

マレ地区やサン・ルイ島には、小さなアクセサリーショップが点在していますよね。私は、生地探しと同じくらいアクセサリーを見て回るのが好きなので、いつもそのあたりを周遊していました。
そこで見つけたのがこのリング!!一目ぼれ・・・身につけてみるとコロンと大きくて本当に可愛いんです!
パリ旅行を予定している生徒さん達に、生地屋さんなど手芸系のお店とともに、私が通い詰めていたお店のショップカードをコピーしたものを差し上げたこともありますが、こういう小さなお店ってなくなっていることが多いようで。。。う~~ん、惜しい!

SABREは、私はオデオン店によく行っていましたが、プランタンやギャラリー・ラファイエットやボン・マルシェでも購入できます。最近では、日本でも伊勢丹や三越などで取り扱いがあるみたいですね!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2015-02-08 12:51 | お気に入り | Comments(5)
2014年 11月 20日

料理教室・ココット

今日は、私のパリ時代からの友人・直子さんが開講した料理教室ココットに行ってきました!
場所は勝どき。タワーマンションの一室で、とても眺めが良くさわやかな空間です。

直子さんは、パリに行く前から汐留で長くおもてなし料理教室を主宰していた料理のプロ。
以前パリに留学していたこともあってパリのグルメ事情にもとても詳しく更に研究熱心、「はるみさん!ここのバゲットが最高で・・・この生ハムちょっと食べてみて下さい~~・・・マルシェでこんな野菜を見つけました・・・行って損のないお店見つけました!etc」と、いろいろなことを教えてくれました。
グルメから程遠い私、教え甲斐がなかったかと思いますが・・・メルシイです。
直子さん達は、パリだけでなくフランスの地方まで食べ歩きの旅によく出ていましたね。

そして実は私、料理教室に行くのは初めてなんですよ。ワインは、パリでお世話になったセパージュのみほさんが日本で不定期に開催する会にお邪魔していますが、料理は全くの初めて!

パリにいた時は、とにかくカルトナージュを習得することと布チェックに時間を使っていた(ローランス先生に、「Harumiの顔を毎日見ている気がする!」とよく言われたものです。)こともありますが、料理教室については直子さんが開講するのを期待してずうっと待っていたんですよ~!
d0168496_22323249.jpg

今回のメニューは、牛肉の味噌漬け・ギリシャ風肉じゃが(海老芋を使っています)・玄米のタブレ。
d0168496_2233154.jpg

直子さんの説明を受けながら、野菜を切ったりお肉を味噌につけたり・・・。
料理に関して赤ちゃんレベルの私にも、わかりやすく順序だてて、ポイントをきっちり押さえて教えてくれます。(これらはカルトナージュのレッスンにおいても大事なことですよね!)
便利な道具や調味料のこともとても参考になりました。帰宅時、シェリーヴィネガー買いましたよ。復習してみます。
d0168496_22334599.jpg

お鍋の様子を見る直子さんを激写!
d0168496_22341152.jpg

ワオ!幸せの時間、お食事タイムです~!
ご一緒した方(お姉さんにしか見えない可愛らしいママ達!)とあれやこれや話しながらの楽しい時間。
そしてなんと、私が本日受けた「作り置き料理クラス」では、お持ち帰り分を用意してもらえるのです。
夜ご飯は、家族の歓声を浴びつつ鼻が高~い私でした。

下の写真は、直子さん宅のカーテン。クリニャンクールで購入したというアンティークの生地を使って仕立てた極上品。布モノにどうしても目がいってしまいます。
d0168496_22343478.jpg

次の予約をいつにしようと画策中、毎月の楽しみが増えました!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-11-20 00:27 | お気に入り | Comments(0)
2014年 07月 02日

6月のニューヨークと、素敵な紙のお店

6月のニューヨークを訪れました。
ニューヨークは、16年ほど前に1年間住んでいたのでなじみのある場所ではありますが、なんせ久しぶり!人の波と車のクラクションに揉まれ、時差もあって、、、一瞬クラクラしましたが、スグに気を取り直して、マンハッタン中をガンガンまわってきましたよ!

d0168496_12451640.jpg

ロックフェラーセンター側から見たサックス・フィフス・アベニュー。ニューヨークでも6月はアジサイの季節、沢山咲いてました。
d0168496_124616100.jpg

SATCのキャリーが住むウエスト・ビレッジのあたり。私もそうですが、ロケに使われた通りを見に来ている人達、ちらほら見かけました。マグノリア・ベーカリーにも行ってみましたが、混んでいて入るのは断念。東京にもお店が出来たみたいですね!
d0168496_12522742.jpg

どのガイドブックにも「ニューヨークの新名所!」と書いてあったのですが、そんなに期待せずに行ってみたのが、ハイライン。。。予想を超えてすごく良かったです!!!廃線跡を利用した見事な再生。ニューヨークの街並みを見ながらの空中散歩は最高。
上はハイラインから見えたエールフランスの広告。やっぱりお洒落よね~!アメリカにいながら、どこまでもフランス好き・・・。
d0168496_12465996.jpg

d0168496_1247338.jpg

マンハッタンの鉄板アイテム、セントラルパーク。お散歩するのにとても良い季節でした。
d0168496_1248348.jpg

そして、ハイラインから降りてぶらぶらと歩いていたのですが、そこで見つけたのがこのお店。
「PAPER SOURCE」です!
店内のディスプレイが可愛いし、なんといっても大興奮だったのが、カルトナージュにも使える紙が沢山売っていたこと!!
d0168496_12483830.jpg

こんなずらりと並べた紙のディスプレイの仕方、なつかしいわ~。
d0168496_12491229.jpg

8Avと9Avの間、14Stにあります。ニューヨークを訪れた際は是非とも行ってみてください。紙好きにはたまらないお店ですよ!!
d0168496_12494281.jpg

そうそう、カルトナージュに使うヘラが売っていたので、「私もカルトナージュしますよ!」と店員さんに言ったら、???な顔。
通じてない?と思いましたが、カルトナージュ自体を知らないようで・・・。
ヘラはスクラップ・ブッキング用に売られているんですって。確かに、スクラップ・ブッキングの本場ですもんね!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-07-02 13:16 | お気に入り | Comments(0)
2013年 08月 20日

京都と香川

国内小旅行をしてきました。
京都は久しぶり、香川は初めてです!両親と下の娘との4人旅です。
京都駅のホームに降りた途端、クーラーの室外機の真横にいるような感じのムワッとした暑さにクラクラしましたが、早速行動開始。
京都御所、金閣寺、祇園と回りましたよ~。
d0168496_16444019.jpg

娘が自由研究で一日一句を試みていまして・・・「金閣寺 暑さに負けじと 光ってる」
d0168496_16451259.jpg

夕食は、「京夕け 善哉(よきかな)」にて。両親お気にいりの京料理のお店です。
素材を活かした薄味、その中にもきちんと創意工夫が仕込んである魅力的な一品が次から次へと出されてご飯もの(鯛のお頭と一緒に土鍋で炊いてありました。女将さんが身をほぐしてくれます、極楽!)はもう入らない状態に。。。贅沢にもおにぎりにしていただいてお持ち帰りにしましたよ。
d0168496_16454264.jpg

香川では、まずは栗林公園へ。
山のふもとにあるというシチュエーションがおもしろく、また枝がぐにゃぐにゃ曲がっている松など見どころ沢山。隅から隅までぐるぐるまわりました!
d0168496_16461281.jpg

そのあと、琴平電鉄に乗ってこんぴらさんへ。
来たからには900段弱ある階段を登って本堂でお参りしたい!と張り切ってスタートしましたが、最後の200段くらいは、階段にペタリと座って休憩・・・を繰り返しながらようやく進む状態。ここ5年くらいで一番汗をかきましたね~。
なんとか本堂までたどり着いてホッと一息でしたが、帰りの下り坂も膝がガクガクしてなかなかの運動量?でした。全く余裕がなく、お見せできるような写真は撮れませんでした。。。!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2013-08-20 18:04 | お気に入り | Comments(0)
2013年 04月 07日

バンコク旅行

バンコクに行ってきました!赴任したばかりの兄を訪ねて娘達を連れていきました。

今回特に思ったのは・・・街に活気があふれている!!!若い人がわんさか街に出ていて、何ともいえず燃えるような勢いがあるんです。
お昼時くらいには、とにかくどこにでも人が沢山いて消費を楽しんでいる感じ。いわゆる中間層が育っているのがよくわかりましたね~。
夜もレストランが混んでいて、予約がとれないなんてことも。

私がバンコクをはじめて訪れて以来、必ず出向く場所があります。
それは、マンダリン・オリエンタル・ホテルです!
毎回、オリエンタル詣でをして、バンコク再訪を実感するんです。

d0168496_12553517.jpg

d0168496_12565755.jpg

ロビーのしつらえにも行くたびに感動しますね~、これぞ・・・オリエンタル・ビューティ!
d0168496_12573753.jpg

d0168496_12581277.jpg

そして、エンポリウム。大好きなデパートです!
バンコクには、素敵なデパートが沢山ありますが、何故その中でもエンポリウムが好きかというと、ディスプレイが素晴らしいから!毎回期待を裏切らない可愛さおもしろさなんですよ。
今回は、イースターのお祝いのディスプレイが全館に施してありました。
エントランス前には巨大なイースター・エッグがいくつも!
d0168496_12584025.jpg

d0168496_12591580.jpg

イースター・バニーもそこここにいて可愛いような不気味なような。
d0168496_12594552.jpg

d0168496_1301555.jpg

こういうオブジェがいたるところにあって、ほんとに楽しい!

次回は天空レストランとして有名なヴァーディゴに行ってみたいなと思いますが、怖くて落ち着いて食事できないかも・・・。
Harumi
ブログランキングに登録しています
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2013-04-07 14:02 | お気に入り | Comments(6)
2013年 03月 11日

素敵なフラワーアレンジメント

先週からグンと暖かくなってきて、まさに春到来ですね!自然と足取りも軽くなるというものです。
私はとにかく寒いのが苦手なので、冬から春になる今の季節が大好きなんですよ。
そんなわくわくする春の訪れにふさわしく、
Atelier-Maysを主宰するMさんからいただいた素敵なアレンジメントを紹介しましょう!
d0168496_1418447.jpg

家にあるお花でちょちょっと作ってみたのよ~~とおっしゃっていましたが、ピンクからパープルにかけてのグラデーションがまさに我が家のマルチカラーのインテリアにピッタリ。本当にキレイなんです。。。
d0168496_14183752.jpg


d0168496_14191691.jpg

上部のアーチがこれまた絶妙なバランス・・・さすがです!

少しでも長い間楽しみたくて、ちょっとずつお水をあげたり、置く場所を変えたりして大切に扱いました。
こういう風にお花の様子を確認する時間が何ともいえず楽しいこと、今回初めて知りました!

Harumi
ブログランキングに登録しています
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2013-03-11 14:56 | お気に入り | Comments(2)
2012年 10月 23日

楽しみに待っていたトワル・ド・ジュイ

楽しみに待っていたものが届きました!
それは愛するトワルドジュイ生地。。。

注文先はフロリレージュというトワルドジュイを扱うショップです。

こちらのショップは、私がパリで大変お世話になったマダムSさんとそのご友人Tさんがこの秋に立ち上げました。
なんとSさんは、私がはじめてパリの布屋さん事情を伺った方なんです!
その時にSさんが私の地図に、「まずはここらへんのお店に行くといいんじゃない?」とお店の名前をいくつか書き込んでくれて。私の地図にはまだしっかりその青いボールペンの文字が残っていますよ。

ですから、Sさんがトワルドジュイを扱うショップをオープンすると聞いた時は期待で胸が膨らみました。そして期待通りのさすがの品ぞろえにクラクラ・・・!
d0168496_17172235.jpg

d0168496_17175771.jpg

何より驚いたのはオートンティック社の生地を扱っていることですね。
私は以前、パリの手芸サロンでここのトワルドジュイを購入したことがあって、、、
深みのあるプリントがとても気に入ったのでもっと買っておかなきゃ!とあらゆるお店を回って探したんですが、いわゆる普通のパリの生地屋さんでは売っていないのです。
既に私の中では幻の生地となっていただけに、驚くと同時にうれしかったですね!
オートンテック社のトワルドジュイは繊細なラインが抜群に美しく素晴らしいのです。

ストッフ社のトワルドジュイの同色ストライプがきちんと揃えてあるのも魅力的。
カルトナージュと効果的な生地の使い方を熟知しているSさんならでは・・・かゆい所に手が届いてますね~。

今夜はこの生地達を眺めながら何時間でもうっとり過ごせそう!
前回も同じことを書いて終わりましたが、、、
美しいものは人を幸せにしてくれますね!!

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-10-23 17:59 | お気に入り | Comments(6)