メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:カルトナージュ( 87 )


2010年 10月 04日

グログランリボンがポイントのキャンデイ入れ(リバティ使用)

d0168496_10502447.jpg

 キャンデイをいれるような蓋つきの箱です。いつもなら蓋のてっぺんにタッセルをつけるところをリボンにしてみました。このリボンはオペラにあるウルトラモッドで買いました。ここで売られているグログランリボンはしっかりとしたコットンで作られていて格別に上質です。よく見ると際のところにはっきりとした凹凸があるの、わかりますか?このぷくぷくが上質が証拠でしょう!!こうなると完全にオタクの世界ですね~。
 グログランリボンはボタンなどが売られている売り場からみると道をはさんで反対側の売り場に置いてあります。いつも閉まっているように見えますが、店員さんにいうと開けてくれます。
d0168496_1161231.jpg

 このリバテイの可愛い雰囲気を満喫できるような形ですね!たまには思い切り可愛いのを作ってみたくなります。。。
 Harumi


ブログランキングに登録してみました。クリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2010-10-04 11:18 | カルトナージュ | Comments(0)
2010年 06月 12日

持ち手のついた裁縫箱

 レゾリバードのリネン生地を使って持ち歩きの出来る裁縫箱を作りました。内側はこげ茶の製本クロスを使っています。持ち手などをつけるとそんなに手間がかからない割には、「作った!」という感じがして満足感が得られますね~。
d0168496_1538167.jpg

d0168496_1539435.jpgd0168496_15405634.jpg
 この生地は気に入って他にもいろいろ作りました。こういうリネン生地に少し茶色が入ったものはインテリアにも取り入れやすいと思います。
 Harumi









ブログランキングに登録してみました。クリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2010-06-12 15:52 | カルトナージュ | Comments(0)
2010年 06月 12日

ラベンダーとオリーブの紙を使った半円形の箱

 プロバンスに行った後は、普段よりさらにラベンダーやオリーブが頭のなかを占めています。。。ふたは製本クロスを使っていますが、柄部分は紙です。紙はものによってはしわになりやすく少し難しいのですが、どうしてもこの柄を使いたかったので!ふたにつけたボタンがポイントになってると思います。深い緑とラベンダーカラーは相性がいいのでインテリアに取り入れたいですね!!
d0168496_12231215.jpg
d0168496_1224539.jpg
 ボワシエールのラベンダーカラーの箱も仲間に入れてディスプレイしてみました。マロングラッセが有名なボワシエールですが、こういうキャンディが入ってたような箱のデザインもとびっきり可愛いのです!!!リュドラポンプのメゾンボワシエールにたまに意味もなく入ってその雰囲気を楽しみました。日本では大丸東京に商品の取り扱いがあるようです。
Harumi










ブログランキングに登録してみました。クリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2010-06-12 13:01 | カルトナージュ | Comments(8)
2010年 06月 12日

リバティを使ったトレーとふた付きの箱

 このふたつは割と初期に作ったものです。リバティに目覚めたのもこの頃。リバティは主にボンマルシェとモンマルトルのレーヌで購入していました。ブレードやタッセルを使うときは、色合わせを満足のいくものにしたくて毎回パリ中の手芸屋さんを回りました。カルトナージュの仕上げには執念とメトロの定期券が必要です!
d0168496_11582639.jpg
d0168496_11595215.jpg
 こういう単純な形のものが一番実用的に使えますね。
 Harumi







ブログランキングに登録してみました。クリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2010-06-12 12:05 | カルトナージュ | Comments(0)
2010年 06月 06日

リバティを使ったオーバルの箱

 お気にのリバティプリントを使ったオーバルの箱です。リバティプリントは薄いのでのりが染み出るような気がしますが、柄があるということもあり意外と使いやすく、なんといっても品があります。
このプリントはグレーとトープ(いわゆる泥のような色、フランスでは洋服にもこういうちょっとくすんだ色をよく使っています)の色だしがとても気に入ってます。
d0168496_1310228.jpg
d0168496_13104863.jpg
d0168496_13151322.jpg 
 アンティークの糸巻きを入れてみたり、グレーのキャンドルホルダーと一緒に飾ると一気に部屋がパリ!!になる気が。。。!!
 Harumi










ブログランキングに登録してみました。クリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2010-06-06 13:21 | カルトナージュ | Comments(0)
2010年 06月 06日

リネンとリボンを使ったティッシュボックス

d0168496_2383568.jpg

d0168496_235439100.jpg
d0168496_23552857.jpg 
d0168496_23561499.jpg
 これは底面で開け閉めするタイプのティッシュケースです。うまくいくかどうかなあと思いながら額縁の裏側に使うような金具をつけてみました。現在家で使っていますが、とても調子いいです!
 リボンは二つともマレにあるアントレデフルニスールで買いました。このような微妙な色出しやシャーリングをほどこしたリボンはパリならでは。。。!リネンにリボンを合わせるときはリネンの風味を殺さないリボンを厳選することが何より大事です!
 エクスアンプロバンスで買ったサシェを横に置いてみました。ラベンダーの香りです。プロバンスといえばセミとラベンダーとオリーブ!これらをモチーフにしたものには思わず手がのびてしまいます。
 Harumi


ブログランキングに登録してみました。クリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
 

by harumicartonnage | 2010-06-06 00:10 | カルトナージュ | Comments(0)
2010年 06月 05日

はじめまして

 昨年までパリに滞在していました。街角にさした光の美しさ、四季折々のウィンドウの彩り、リュクサンブール公園に落ちる葉の影。。。雨に濡れた後のコンコルド広場!!好きな場所やものなどを数えだしたら止まりません。フランス全土ににしみわたっている美意識に圧倒され感動の日々でした。
 そしてカルトナージュ!!!(厚紙を組み立てて布や紙を貼って箱を作るフランスの手芸のひとつです)一緒に習っていたフランス人や日本人の友達も驚くほどの情熱と時間をかけて打ち込みました。りこさんにカルトナージュの楽しさやいろいろな可能性を教えていただき、ローランス先生には細かい技術をいちから叩きこんでいただきました。
 ローランス先生の手の動きを凝視した時間は宝物です。私にとってまさに神様であり、尊敬してやまない師です!
 日本に帰国して少し落ち着いてきた今、カルトナージュとその作品や布を使ったインテリアを紹介しようと思いたちブログを始めました。
d0168496_21162070.jpg

d0168496_2213325.jpg

 上の写真は刺繍道具入れです。ローランス先生のペン入れのテクニックを利用して自分なりにアレンジして作ってみました。これは先生からもとても褒めていただいた作品です。プロバンスのレゾリバードという会社のリネン生地で作りました。私はリネンが大好きなのでよく使っています。
  Harumi


ブログランキングに登録してみました。クリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2010-06-05 21:30 | カルトナージュ | Comments(1)