メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:カルトナージュ( 89 )


2013年 01月 03日

新築のお祝いにティッシュケース!

新年明けましておめでとうございます!

昨年12月に新築した友人Sさんのお宅に呼んでいただきました。
Sさんはパリに行ってすぐに知り合い、家が近かったこともあり意気投合。
好みがとても似ていてお互いが発掘してきたインテリアショップを教え合ったものです。

そのSさんのスタイリッシュなリビングに合って、かつポイントになるティッシュケース。。。
うわ~~~難しい!と思いましたが、椅子に置いてあったSさんお気に入りのクッションが即解決してくれました。

d0168496_1613827.jpg

d0168496_16134942.jpg

下の写真のクッションを見て、ひらめいたんですね~~。
リネンが好きで、シックな水玉模様にときめくSさん・・・まさにピッタリの生地ありました!
この生地はとても地厚なのでくり抜き部分に少々てこずりましたが数時間後には完成。
ドキドキしつつ持っていったら予想以上のコラボレーションにうれしい驚き。。。
d0168496_16142638.jpg

d0168496_1615345.jpg

小さいお子さんが沢山いるのにこんな素敵なおもてなし・・・信じられません~!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2013-01-03 16:49 | カルトナージュ | Comments(3)
2012年 12月 23日

華やかなジュエリーボックス

間もなくクリスマス・・・!
街中が華やいでいるこの季節、ウインドウをのぞくのが楽しいです。

というわけで、今回は華やかなジュエリーボックスを紹介しましょう!
カラフルなリバティの色違いと、濃紺を合わせてみました。
d0168496_12543746.jpg

上段と下段をつないでいる金具は、ティエルドボワのもの。細かいところなんですが、金具の端が私好みの半円形ラインになっていてうれしい・・・。
d0168496_1256131.jpg

内側は、スエード調のクロスを使っています。
指輪を収納する段を沢山作ってみました。
d0168496_12565654.jpg

蓋の両端にポイントをつけています。
ずいぶんあれやこれやと考えてこの形にしましたが、結果的に良いポイントとなったので、苦労も吹き飛ぶというものです!!
d0168496_12592244.jpg


追記・・・以前、ブログでも紹介したトワルドジュイ生地を扱うオンラインショップ・フロリレージュのブログに、オートンテックを使ったブルーの箱を載せていただいています。是非ご覧になってみて下さい!

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-12-23 13:38 | カルトナージュ | Comments(4)
2012年 11月 30日

Houlesの生地を使った持ち手つきトレイ

現在の我が家のインテリアはマルチカラー!
それに合わせて持ち手付きトレイを作りました。

このトレイの側面に使った生地は額に入れてリビングに飾っています。そのくらい気に入っているわけです。

モンマルトルふもとAnvers駅の近くの生地屋さんの布の山からこれを掘り起こした時はガツンと感動・・・まさに生地オタクの本領発揮。宝探しです!こういうレアな出会いを求めて日々さすらうわけですね。

フランスのタッセルブランドHoules(ウレス)が1995年に出した生地で、「CARRY」という名前がついています。
ウレスといえばタッセルというイメージしかなかったのですが、以前は生地を出していたことがあるんですね。

多色使いとはいえ全体的にトーンを落とした色出し、にじんだような柄、と私の琴線に触れる要素が満載。
あともう一つ、気に入っている理由があって。渋い紫のぶどうの柄が入っているのです。ですが、このトレイにおいてはほとんどわかりませんね、惜しい!

d0168496_1801124.jpg

d0168496_1805597.jpg


こういう大きいトレイは置く場所を選びますが、リビングにひとつ置いておくと何かと便利ですし、何よりインテリアの良いポイントになるんですよ。
以前にも是非作って欲しいおススメのものとして紹介していますよね!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-11-30 16:52 | カルトナージュ | Comments(6)
2012年 10月 05日

秋のワンデイレッスンのお知らせ

まだまだ夏のような陽気が続いていますが、秋のワンデイレッスンを企画しました!

今回の作品は・・・
「角が丸いハガキ差し」です!

これは何と言っても角の丸いラインが特徴であり、チャームポイントです。
このラインがクラシックに走り過ぎずにさりげない甘さを加えてくれますね。
丸みを帯びたトレイの隣に置いた時に映えるものを作りたいと思い、いろいろトライしてみてこの形にたどり着きました。
用途としては、、、
普通に手紙差しとして使うほか、
私は一枚小さい仕切りをつけて、携帯電話を片側に・もう一方にはじゃんじゃん郵送されてくるDM類をしばらくキープしておくのに使っています。

d0168496_17491917.jpg

d0168496_17492132.jpg

サイズ・・・横幅は内寸で22,5センチ位・外寸で24センチ、奥行きは内寸で4.7センチ位・外寸で6.5センチ
       高さは前面が8センチ・後ろ面が11センチ

11月2日 金曜日 10時~14時位    定員5名・女性限定定員に達しました
11月6日 火曜日 10時~14時位   定員5名・女性限定定員に達しました
11月7日 水曜日 10時~14時位   定員5名・女性限定定員に達しました


 布や紙やスキバテックスなど、教室のものを自由に選んでいただけます。
 道具やのりも全て教室のものを使用しますので、持参していただかなくて結構です。

 
 料金:5500円(カットされたカルトン一式、ケント紙、
         布やスキバテックス、
         軽食含む) 

 場所:田園都市線二子玉川駅から徒歩13分


 参加ご希望の方や1dayレッスンに関する質問などは、ブログのコメント欄に、「鍵コメント」で私にご連絡ください。
その際、連絡の取りやすいメールアドレスとお名前を記載いただくようお願いいたします。
二日以内に私から連絡がない場合は、お手数ですがもう一度コメント欄にお名前とアドレスをお知らせください。
 ブログを応援していただいている皆様とお会いできるのを心から楽しみにお待ちしております!!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-10-05 18:15 | カルトナージュ | Comments(17)
2012年 09月 21日

愛しいパスモケース

今回紹介する作品はカルトナージュの基本のき・・・パスモケースです!
製作時間も多分どんなものより短いまさに小作品ではありますが、実際の生活に役立つという点ではなかなか優秀です。

パスモが迷子になるのが嫌で以前はお財布に入れていたのですが、、、。
このパスモケースを使い始めてからは、改札を通るたびにパスモその他もろもろが入っているお財布をバッグの中からごっそり取り出す気持ち悪さが解消されました!
d0168496_0305341.jpg

写真には写っていませんが、後ろにポケットがついています。何故だかいつも失い!と騒ぎになる子供の切符を差し込んでおくのに便利。
d0168496_0314631.jpg

二つともお気に入りのイタリアンペーパーを中に使って。チャージする際、チラ見して楽しんでいます!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-09-21 01:03 | カルトナージュ | Comments(2)
2012年 09月 06日

お気に入りの白とグレイの紙を使った作品達

皆さんはカルトナージュするときに、布と紙、どちらを使いますか?
私は7対3の割合で布が多いですが、紙ならではの魅力もよくわかります。
実際、ローランス先生はすっきり仕上がって厚みの出ない紙やスキバテックスがお好みで多用していらっしゃいました。私が厚めのリネンなんかを持っていくといつも微妙な表情を・・・。

紙を使うとパキッとしたハリ感がうまれますよね?
それが何ともいえず気持ちよくてしばしば使いますが、白とグレイのもので素敵なものがなかなかないんです。。。

なので、必然的に同じものをヘビーユース。
何度かブログでも紹介したトワルドジュイのものと下の作品に使っている花やチェック模様のものがとびきりのお気に入りです。

d0168496_14174524.jpg

こういう細かいくり抜きのあるものは紙で作る方が簡単に綺麗~に仕上がりますね。
これは近所の手芸屋さんでカットされたカルトンがキットで売られていました。超お手頃価格(700円台)なのに優秀です!
d0168496_14184439.jpg


d0168496_14193997.jpg

上と下の作品は、なつかしい・・・パリでりこさんに教えていただいたものです。
この紙をより活かすためにいろいろ工夫したのを思い出しました。
今だったら引き出しを柄合わせするかなあ・・・。
d0168496_14255071.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-09-06 15:22 | カルトナージュ | Comments(3)
2012年 08月 16日

ボタンの魅力・その三

ボタンの魅力・その三です。
一と二はボタンからイメージを広げていった作品でしたが、今回は作品を完成させた後で何か足りない・・・とボタンを付けくわえた作品です。
d0168496_1773895.jpg

この箱は、だいぶん前に前開きの練習用に作りました。
練習用とはいえ、完成させた後でポイントが欲しくなりボタンを付けてみたら、引っかき傷のような模様のレトロなボタンが何だかイイ感じにおさまって!
d0168496_1783718.jpg

このボタンの魅力シリーズ、今までのボタンは全てこの引っかき傷のような模様でしたが、下のような綺麗な模様のボタンも大好きです。
このボタン、極細のラインが何重にも彫られていて均等あるモチーフを形作っているんですよ。
文句なしにパリシック!!!
d0168496_17102429.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-08-16 17:59 | カルトナージュ | Comments(0)
2012年 07月 27日

ボタンの魅力・その二

ボタンの魅力を存分に発揮させた作品の中でも、特にお気に入りを紹介します。

その一で使っていたボタンと色違いで、かなりはっきりした感じの赤です。同じ細工のボタンでも、色によってずいぶん印象が違うことがわかりますね!

d0168496_22592668.jpg

パリのマレ地区にある大好きな手芸店・アントレ・デ・フルニスールで購入したリボンを合わせてみました。

前回も書きましたが、リボンはボタンを付ける唐突感を消して布との橋渡しをしてくれる上に、素敵なアクセントにもなってくれます。

d0168496_2301190.jpg

蚤の市などで集めた昔の糸巻きや刺繍糸をディスプレイして。。。

d0168496_2304928.jpg

こう見てみると、アルザス(リネンに赤い刺繍を施してポイントにするイメージです)のレストランに置いてありそうな!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-07-27 23:24 | カルトナージュ | Comments(2)
2012年 07月 04日

ボタンの魅力・その一


 ボタン。
主役をはるイメージではありませんが、私は「このボタンを使いたい!」という気持ちから、ボタンを主役にして他の素材を選んでいくことがたまにあります。

例えばこのブックタイプの箱がそうです。

d0168496_21384044.jpg


パリの手芸屋さんで買ったこのボタン。木地に淡いラベンダーカラー、引っかき傷みたいな細工が施してあり、何ともいえず雰囲気あります。

とにかく、このボタンを活かすためにチョイスしたラベンダーカラーのリネンとグログランリボン。
このグログランリボンが一本すうっと通っているのが大事ですね。ボタンの唐突感を消して、更によりボタンを際立たせています!
本体は結構悩みましたが、結局リバティを使いました。ボタンの穴にこのリバティを通しています。

d0168496_21402050.jpg

ボタンには、タッセルとは別のさらっとした魅力があります。

ボタンの魅力・その二もお楽しみに!

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-07-04 22:05 | カルトナージュ | Comments(2)
2012年 06月 22日

カルトナージュで私が大事にしていること

 カルトナージュをする時、私が一番大事にしていること・・・。

まずは柄布選びです。きちんとした角の処理やケント紙のサイズ調整などの細かいテクニックももちろん大切ですが、最終的には布そのものが作品の印象をほぼ決めてしまうと思います。

そしてもうひとつ。柄布選びと同じくらい大切だと思うことは。。。

それは、柄布に合わせる無地の素材の色味です。
私は柄布に無地のリネン、又は水玉模様のリネンを合わせることが多いのですが、そのチョイスが肝心要です!
ここで、何となく・・・これかな?みたいなものを合わせてしまうと、せっかくの柄布が活きてこないという残念なことに・・・。

なので、生徒さん達が柄布に合わせる無地の素材選びで悩んでいる時は、私もついつい一緒になってとっかえひっかえあてて考えてしまいますね。

作品にポイントとして金具やタッセル、リボンやボタンを付ける時も同じです。吟味を重ねて、これがベストと思うものを選ばなければ!
ここがその作品が抜群に素敵になるか、普通に素敵になるかの分かれ目になると思います。

カルトナージュはある程度の時間と集中力をかけて作るものですから、仕上がった時に「あ~作って良かった・・・満足!」という喜びを最大限に味わいたいですよね?

柄布と無地の素材、またはポイントとして加えるもののコーディネートが自分にとって最高のものになったら、必ずやその作品の仕上がりは最高の喜びとなるでしょう!

下の写真は、カルトナージュを初めて間もない頃、パリの自宅にて撮ったものです。
色調が同じ作品をいくつか作ってみては、コンソールにのせて写真に撮っていました。6年ほど前も、今も、パリでも東京でもやっていることが変わらないことに一人苦笑・・・。
d0168496_1453271.jpg


d0168496_1465519.jpg


d0168496_1475784.jpg

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-06-22 14:19 | カルトナージュ | Comments(2)