2017年 02月 21日

可愛いもの・最近のお気に入り

「これ可愛い!」と思わず声が出てしまうもの、ありますよね?
日々ふれているカルトナージュ作品はその筆頭格。
その形・キリリとしたたたずまい(キリリでも可愛い!)。使った生地の質感・色出し・組み合わせ・・・「可愛い理由」はいくらでもあげられますもん!
脳からのドーパミンをじゃんじゃん出してくれる、素敵な相棒です。

カルトナージュ作品以外でも、それは沢山あります。
今回は、最近出会った「可愛いお気に入り」を紹介しましょう!

まずは、フクロウ三兄弟
子供が修学旅行のお土産にと買ってきたもの。
笑っちゃうくらい、私の好みをとらえてますナ。
d0168496_1313736.jpg

d0168496_1322658.jpg

神戸のガラス工房で売っていたそう。確かに、鼻がガラス!
色違い買いしてきた子供を思わず褒めてしまいましたね。
d0168496_133214.jpg

次は、生徒さんが一目ぼれして購入したネコの兄弟。イタリア ミラノの職人さん達がひとつひとつ作っているものだそう。
レッスンに持ってきて見せてくれました!
一同、「可愛い~!」
d0168496_1341915.jpg

目に使われているボタンなど、細部までこだわりの素材が使われています。
ただものでない上質感。

写真が上手く撮れてなくて残念ながら載せていませんが、子供たちの学校のバザーで売られている制服を着たミニチュア人形(スカートのプリーツまでステッチで表現してあるんです)と相通じるものがありますね。
d0168496_1345083.jpg

私の好きなマリクレール イデーというフランスの雑誌があるのですが、それに載っていそうな。。。
d0168496_1354513.jpg

下は、タイのパーカマオーというチェック柄を使ったゾウとクマのぬいぐるみ
バンコクのエンポリアムで、ふと目にとまって、日本までお持ち帰り決定。
売り場で、30分以上悩みに悩んでこの二つに決めたのが懐かしい。
d0168496_1362062.jpg

d0168496_137028.jpg

最後は、生花。
グリーンを育てるのが下手なので、普段は家の中にはインテリアグリーンしかおいていませんが、生花をいただいた時は、それはそれは大事にして愛でています!

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では・・・
◎理にかなった様々なテクニック
◎それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
◎生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれも満足する作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人にきちんと説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

フランスで三年間 ローランス・アンケタン先生に仕込んでいただいた技術と、より美しく仕上げるために自分で練り上げていったコツやテクニック。

「とびきり素敵に、、、とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授しています。


カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているインテリアデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2017年12月〜2018年はじめを予定しています。


★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2017-02-21 14:04 | お気に入り | Comments(0)


<< アクセサリーケース(レッスン作...      ティッシュケース(レッスン作品... >>