メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 25日

かご型BAG・後編(レッスン作品例・生徒さんの作品)

皆さん、長らくお待たせしました・・・!
メゾン・ド・カルトナージュ流かご型BAG・後編です。

私のこだわりが詰まったこのかご型BAG、大変反響が大きいですね、私もウレシイ!です。
私としては、全体的な楕円形のシルエットをきちんと出すことと、蓋まわりと、中に仕込んである仕切りに相当の工夫をこらしたので、そこらへんを熱く語りたいところですが、いかんせん言葉で説明するには難しいですね。

かご型BAGのレッスンがまだの生徒さん達は、どうぞこれから紹介する生徒さん達の作品を見て、いろいろ想像⇒妄想してレッスンをお待ちください!

d0168496_178440.jpg

上の写真と下の写真の二つは、持ち手の付け方が他の方と違いますね。「かご」の雰囲気がより一層強く出ています。
d0168496_1791355.jpg

d0168496_17102037.jpg

d0168496_17111142.jpg

三つ子のように並べてみました。この愛らしさ!どれも、フランス製レゾリヴァードのインテリアファブリックを使っていますので、色や柄は違っていても、何かしらの統一感が感じられます。
d0168496_17121560.jpg

d0168496_17125312.jpg

上の写真は内側に注目。黒に白い水玉を使って大正解!
d0168496_17134174.jpg

このかご型BAGでは、大柄の生地を使う方が多かった中、Fさんはリバティをチョイス。まるで、ボンポワンの店頭にディスプレイしてありそうな・・・!(ボンポワンのディスプレイって、なんであんなにカワイイんでしょう?!パリでもニューヨークでも東京でも、うっとり見とれてしまってます)
d0168496_1714428.jpg

d0168496_17154549.jpg

この夏休みは、レッスンや大きい旅行もないですし、8月に三回以上はブログを書こうと思っています!
生徒さん達に、「ちゃんと更新しないと、活動してないと思われちゃいますよ!」と、愛情いっぱいの激励をうけてます(笑)しね・・・がんばります!

Harumi

東京 二子玉川のカルトナージュ教室「メゾン・ド・カルトナージュ」では、
★理にかなった様々なテクニック
★それぞれの作品について特に押さえるべきポイント
★生地どうしの組み合わせやリボンなどのアクセントの付け方
どれもきちんとした作品を作るには欠かせない要素です。これらを生徒さん一人一人に説明・実践していただくことを何より大事に考えています。

「とびきり素敵に・・・とびきり綺麗に仕上がるには理由があります」
その「理由」を毎月のレッスンで生徒さん達にもれなく伝授していきます。

カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム

マガジンハウスがスタイルのある家と暮らしをテーマに発信しているデジタルマガジン「100%LIFE」の取材を受けました。
ここをクリックするとご覧になれます。
 
定期レッスンの生徒さん募集は、年に一度です。
次の募集は、2016年11月~12月に予定しています。
(ブログにて、体験説明会のお知らせをします。)

★ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2016-07-25 17:55 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(2)
Commented by Liza at 2016-07-31 07:07 x
どれも素敵ですね!形の美しさや持ち手の可愛さはもちろんのこと、布がビシーっと貼れていて、改めて凄いなぁと思います!私は曲げる作品はまだまだ難しいです(^_^)
Commented by harumicartonnage at 2016-08-11 16:38
Liza様からのコメントに気がつかず・・・失礼しました!!
曲げる系のものは、やはり内側が難しい!!私も、イマイチ念が甘いと(笑)・・・あれっ、浮いてきてる~!みたいな焦りを覚えることがまだあります。
生徒さん達にいつも言っていますが、ここ一番!という大事なポイントを逃さずに作っていけば、自分が満足出来る仕上がりになると思っています。作業にも無茶苦茶集中すべきところとふんわり流してもいいところがありますもんね!


<< 新作・アクセサリーケース      美しい・・・!かご型BAG・前... >>