メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 29日

二辺が丸いトレイ(レッスン作品例・生徒さんの作品)

今回、紹介するレッスン作品は、「二辺が丸いトレイ
このレッスンでは、
全ての面をバラバラに貼っていく時の貼り方(箱が直方体でなくて側面に開きがあるものは、ぐるぐると巻いていくことは出来ませんよね!)
丸くなっているところを綺麗に仕上げる方法(ケント紙もきちんと合わせていかないと・・・!)
を、生徒さん達に二大ポイントとしてお伝えして、きちんと実践していただきます。

とてもシンプルな作品ですが、こういうシンプルな作品こそ実力が出るのです
ここメゾン・ドカルトナージュにて腕を磨いている生徒さん達の素晴らしい出来栄えをどうぞご覧ください。
さらに、生徒さん達が悩みに悩んで決めた生地の組み合わせも必見ですよ、ジックリ鑑賞してみてくださいね。

下の写真は、なんと、フランスのハウスリネンブランド「ジャカール・フランセ」のテーブルクロスを切って使っています。
フランスでも、「水色×グレー」の組み合わせの生地がほとんどなくて・・・!パリのデパート、ボン・マルシェで見たこのテーブルクロスに一目ぼれ!カルトナージュに使おうと思って購入したものです。
ジャカール・フランセのティータオルなども大好きでずっとコレクションしていますが、大切すぎて一枚も実用に至ってません、笑。たまに取り出して味わっています。。。
d0168496_16493558.jpg

下の写真の、水色×グレーの生地は、イギリスのローラ・アシュレイ。
d0168496_16501898.jpg

トワル・ド・ジュイとストライプの組み合わせ。うん、ナイスチョイスです!
d0168496_16505249.jpg

マドヴァンの紫の生地に、スキバテックスのグレーを合わせました。落ち着いていて素敵。
d0168496_16513520.jpg

このキャベジズ・ローゼズの生地は、何かと合わせるのがとても難しいのです。私のおススメは、こういうシックなピーチピンクのリネンに合わせること。気に入っていただけて良かった~。
d0168496_16521058.jpg

リバティの一色を取って、深いカーキグレーを合わせています。定番の合わせ方です。
d0168496_16524534.jpg

このくだもの柄に少しだけ含まれている深いカーキを取りだして、両端をキリリと締めてみました。
d0168496_16531886.jpg

オートンテックの豊穣のカゴ。これもまた、何かと合わせるのが実は難しい生地なんです。私のおススメは、こういうナチュラルリネンか、こげ茶ですね。
d0168496_16534980.jpg


メゾン・ド・カルトナージュでは、
この「二辺が丸いトレイ」を、「バラ貼り系レッスン1」としますと、、、「持ち手つきトレイ」が「バラ貼り系レッスン2」となりますね。

次回は、この「持ち手つきトレイ」を紹介しましょう!

Harumi
カルトナージュナビに連載させていただいたコラムをご覧いただきましたか?第一回「カルトナージュとの出会い」と第二回「教室を開くまで」、第三回「教室名の由来」、第四回「思い出の作品」、第五回「教室主宰者の休日」、第六回「嬉しかった一言」、第7回「カルトナージュの魅力」、第八回「一年後の私へ」が載っています。
下のバナーをクリックするとコラムをご覧になれます、どうぞ!

カルトナージュナビ連載コラム


ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2015-11-29 17:47 | ベーシック・生徒さんの作品 | Comments(0)


<< 持ち手つきトレイ(レッスン作品...      ワンデイレッスンで続々と・・・... >>