メゾン ド カルトナージュ Maison du Cartonnage 

auteuil.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 29日

じゃばらレッスンpart1・・・金封入れ(レッスン作品例・生徒さんの作品)

金封入れ・・・いわゆる袱紗とも言いますか、いろいろな使い方が出来るなかなかの優れものですね。
メゾン・ドカルトナージュでは、じゃばらレッスンの第一弾として、これを作ります。

じゃばらもいろいろなタイプ・作り方があって、それぞれに「こういう風に作るんだ!」という楽しさがあります。今年の夏から秋にかけて、それぞれのタイプのじゃばらの作り方をあれやこれやとずっといじっていたので、今でも私の頭のなかはじゃばらでいっぱい、脳のひだに刻まれているかも・・・。

まずは、一番シンプルなタイプのじゃばらをきちんとマスターしてもらいたい!と思ってのこの作品です。

この金封入れは生地によって全く違うイメージのものに仕上がる代表格ですね~。
今回紹介する作品もそうで、それぞれの個性が違います。
それぞれの雰囲気は違えど、夢に出てきそうなほど素敵!!なのはどれも一緒ですよ。
どうぞじっくりご覧ください!
d0168496_1351581.jpg

上下の作品はシックに。上のボタンは、フランスの引っ掻き模様の貝ボタン。このボタンからイメージを膨らませていきました。内側に柄をあしらって!
d0168496_13514778.jpg

下の作品、ペーズリー柄から引き出した紺のグログランリボンとベロアの山道リボンの二本使いがピタッとはまりましたよね!
d0168496_13523357.jpg

次の作品はガラッとイメージが変わります。
思い切り明るい色を使った2作品、完成時には皆で素敵!と叫んでしまったわ~。
d0168496_13573660.jpg

内側も皆さんそれぞれにこだわっているんですよ!オートンテックのロゴが可愛いので、そこを狙って入れています。まっすぐに使うのが難しかったかと思いますが、満足の出来栄えでしたね。
d0168496_13591874.jpg

下の作品、この生地独特のパキッとした雰囲気を存分に生かしたリボンやゴールドのスタッズのあしらい方。最後まで悩みに悩んだ甲斐があるというものですよね。奇跡の組み合わせです、ブラボー!
d0168496_140887.jpg

最後の作品は内側と表面にリバティのあざみ?柄を使用しています。カーキのリネンとの組み合わせ、それに加えた二本の細いリボンが効いています。
d0168496_1423757.jpg

こんな感じに両脇にじゃばらがおさまっています。製本クロスのサーモンピンクがチラ~リと見えます。
このじゃばら、最後にパズルをはめ込むみたいに仕上げます「やっぱりおもしろい!脳トレになりそう~」とレッスン中に教えつつ毎回感動してしまう私
生徒さん達からは「パズルを忘れないように早く復習しなくちゃ!」との声が。
d0168496_1432670.jpg

上のそれぞれの作品達、生地そのものとそれにつけるアクセサリーが抜群のハーモニーを奏でています
リボンやボタン、パリでお店の人に毎回びっくりされるほど購入してきてよかった・・・笑。
まだまだ素敵な袱紗がここメゾン・ド・カルトナージュから旅立っていきました。それぞれどんな風に使われているんでしょうか?
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-12-29 15:38 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(0)


<< 定期レッスンの体験説明会のお知らせ      蓋つき丸箱・・・この可愛さ!(... >>