2014年 05月 27日

くり抜き持ち手の箱(レッスン作品例・生徒さんの作品)

生徒さん達の作品の紹介です。
今回は、「くり抜き持ち手の箱」です。
真横から見るとこんな感じ。。。
d0168496_16175395.jpg

ちょっとずらして見ると、こんな風に持ち手がくり抜かれています。
くり抜きがあるということは、、、、
そこにライン取りしていくという作業・ライン取りした箇所に接する二面に使うケント紙を正確に作るという作業などなどが発生しますよね。必然的にここで、グンと時間がかかるわけです。生徒さん達に細かいところまできちんとチェックしてもらいながら、ひとつひとつ進めていきます。
その分、くり抜き周りが綺麗~に仕上がると、それはもううれしいわけで!
d0168496_16183418.jpg

この作品は、敢えてくり抜き意外にもライン取りを多用して作ってもらいました。
ライン取りするときは、とにかくラインを平行に仕上げる!!ことが何より大事。基本的な事ですが、これが全てと言っても良いでしょう。ただ、これが実は難しい・・・!(生徒さん達、外側の柄紙・ケント紙を巻いていく作業のコツをお忘れなくですよ~~)
皆さん、かなりの集中力でしっかり平行に仕上げました、じっくりご覧になってください!
d0168496_16192861.jpg

d0168496_16202194.jpg

使う柄紙やスキバテックス、無地の紙の違いで、ずいぶん雰囲気の違う作品になりますね。
d0168496_1621345.jpg

写真ではわかりにくいですが、ライン取りはワイン色。対する内側の黄色が効いてますね!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2014-05-27 17:23 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(1)
Commented by Liza at 2014-05-28 17:55 x
この箱、大活躍中です。
メイク道具を入れて部屋の間を持ち歩いています^ ^。
また作りたいなぁ〜


<< 小さいカゴ(レッスン作品例・生...      フランスの初夏 >>