2012年 07月 27日

ボタンの魅力・その二

ボタンの魅力を存分に発揮させた作品の中でも、特にお気に入りを紹介します。

その一で使っていたボタンと色違いで、かなりはっきりした感じの赤です。同じ細工のボタンでも、色によってずいぶん印象が違うことがわかりますね!

d0168496_22592668.jpg

パリのマレ地区にある大好きな手芸店・アントレ・デ・フルニスールで購入したリボンを合わせてみました。

前回も書きましたが、リボンはボタンを付ける唐突感を消して布との橋渡しをしてくれる上に、素敵なアクセントにもなってくれます。

d0168496_2301190.jpg

蚤の市などで集めた昔の糸巻きや刺繍糸をディスプレイして。。。

d0168496_2304928.jpg

こう見てみると、アルザス(リネンに赤い刺繍を施してポイントにするイメージです)のレストランに置いてありそうな!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-07-27 23:24 | カルトナージュ | Comments(2)
Commented by hanataka2011 at 2012-07-29 12:19
待ってました♪ その二♪
この作品も可愛い!
リボンも素敵だし、サイド角の赤い縦ラインが効いていますね~♡
このボタンはどのタイミングで縫い付けているのでしょう?
Commented by harumicartonnage at 2012-07-31 00:29
hanatakaさんに、待ってましたと言われて調子にのってその三も載せようかな~と考えています。
時には主役の座を与えてあげたいボタン達に愛情は高まる一方よ。
このボタンはですね、カルトンにリネンを貼って、のりしろの処理をした後に付けています。裏面を貼る直前ですね!カルトンに、グイッと穴をあけて糸を通しています!


<< シルバーとホワイトのインテリア      二辺が丸いトレイ(ワンデイレッ... >>