2012年 07月 04日

ボタンの魅力・その一


 ボタン。
主役をはるイメージではありませんが、私は「このボタンを使いたい!」という気持ちから、ボタンを主役にして他の素材を選んでいくことがたまにあります。

例えばこのブックタイプの箱がそうです。

d0168496_21384044.jpg


パリの手芸屋さんで買ったこのボタン。木地に淡いラベンダーカラー、引っかき傷みたいな細工が施してあり、何ともいえず雰囲気あります。

とにかく、このボタンを活かすためにチョイスしたラベンダーカラーのリネンとグログランリボン。
このグログランリボンが一本すうっと通っているのが大事ですね。ボタンの唐突感を消して、更によりボタンを際立たせています!
本体は結構悩みましたが、結局リバティを使いました。ボタンの穴にこのリバティを通しています。

d0168496_21402050.jpg

ボタンには、タッセルとは別のさらっとした魅力があります。

ボタンの魅力・その二もお楽しみに!

Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-07-04 22:05 | カルトナージュ | Comments(2)
Commented by hanataka2011 at 2012-07-04 23:12
なんて素敵なボタン・・・・!!
そして、この色&布合わせも素敵すぎ・・・!!
ず~~~っと眺めていたくなりますね~♡

こうして完璧に出来あがったものを見ると
もうこれ以上ピッタリな組み合わせはないでしょう!!と思うけれど、
ひとつボタンからスタートしてセレクトを繰り返してここに辿りつく・・・
ということが難しいと思うので
やはりharumiさんだからこそだと感動します・・・
レッスンで伺ったとき、じっくり拝見させてください♪
「そのニ」も早く読みたいです~~(笑)
Commented by harumicartonnage at 2012-07-06 17:44
その二、私も読みたいです。。。
どの写真を載せるかもう決めてるので、早く更新できそう~~~?!いつも、どの写真にしようかなと考えてたら時間がたっちゃって更新できずに終わってしまう。。。だいたいこのパターン!
レッスンの時、出しておくわ~~~~、是非ともご覧あれ!最近のお気に入りなのよ、このボタンの箱。


<< 二辺が丸いトレイ(ワンデイレッ...      カルトナージュで私が大事にして... >>