2012年 03月 23日

蓋つき丸箱(レッスン作品例・生徒さんの作品)

 生徒さんの作品・蓋つき丸箱を紹介しましょう。
 
 丸箱は究極のところチョキチョキワニの歯切りで始まりそれで終わります。特にこの蓋つき丸箱は台もつけて、更に蓋に縁取りしてもらうのでチョキチョキタイムがずうっと続きます。生徒さん達の根性の見せどころです!

 仕上がった時の特別な充実感は苦労あればこそ・・・ですね?!

d0168496_16171051.jpg

 ミモザ柄の紙をメインに、縁取りは草色の製本クロス。持ち手はきらっと光るゴールドのつまみを合わせました。春らしさが匂い立つ作品です。

d0168496_16175536.jpg

 紫やボルドーの花柄に合わせて、縁取りは深いボルドー、多色使いのタッセルが素晴らしく効果的なアクセントになっています。

d0168496_16183380.jpg

 茶色とエメラルドグリーンのレース花柄が何ともいえずフランス的。内側に使ったパキッとしたエメラルドグリーンが華やかです!

d0168496_16193932.jpg

 ジオメトリック柄の複雑な色味をいかす縁取りのリネンやタッセルのチョイスが作品の完成度を高めていますね。

d0168496_1620486.jpg

 綺麗に仕上げるのが案外と難しい規則的な柄をきちんと仕上げています。渋いレゾリヴァードの柄を殺さない銀シルバーのつまみが素敵ですね。
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


by harumicartonnage | 2012-03-23 16:43 | レッスン作品例・生徒さんの作品 | Comments(2)
Commented by hanataka2011 at 2012-03-23 21:46
素敵素敵~~!!
どの組み合わせも綺麗だし、皆さんとっても丁寧に作られていて・・・見入ってしまいました♡
レゾリヴァードのこの生地と紺のドット・・・やっぱりいいですよね(*^m^*)
私もいつか丸箱作ってみたいです~♪
Commented by harumicartonnage at 2012-03-25 16:37
そうそう、レゾリヴァードのこの生地と紺のドットの組み合わせ!組み合わせに関してはついつい超主観的になって生徒さん達におススメしてしまうんだなあ~。
丸箱は綺麗に作ると本当に気持ちがいいんだけど、結構時間がかかるので、一人では作りたくない~という人も多いのよ。レッスンで皆とトークしながらチョキチョキするのが楽しいかも!


<< フォントネー修道院      1デイレッスンのお知らせ >>