2011年 11月 28日

丸箱思案橋

 生徒さん達に喜んでもらえる丸箱のレッスンについてあれやこれや思案しておりました。丸箱とひとくちに言ってもいろいろなタイプがありますよね?

 丸箱作りの楽しさを味わえるのはもちろんのこと、私のカルトナージュのテーマである「実用的に使えてインテリアとしても美しいもの」という条件を満たすものはどんなもの?!

 丸箱達をずら~っと並べてチェック。
なつかし~い作品達もひっぱってきて見てみると、初期のころの微妙な失敗を思い出したり。

これ、綿を入れるのがイマイチ上手くいかなくて布がひきつれているなあ。
内側にはる為に準備したケント紙+布をきちんと乾かさずに本体に貼ってしまったから、空気が入ったみたいにぼこぼこしちゃってる!(丸箱の内側に貼る巻きの長いものは、時間が経つと少~し縮むので一定時間乾かしてから貼らないといけないのに待ち切れず・・・)などなど。

d0168496_1634793.jpg


d0168496_1641886.jpg


d0168496_164527.jpg


 上の箱はもっとも一般的なタイプの丸箱ですね。大きさは違いますが、ローランス先生の本に作り方が詳しく載っています。
二つともかなり初期に作ったものですが、サイズは一緒でも布のチョイスや蓋の真ん中のくるみボタンの有無によって雰囲気がかなり違います。
ただ、これは片手で開け閉めできないのが、バタバタ生活している私にはちょっと気になるところ。。。両手で蓋を包んで開けるという丁寧な仕草が必要とされますね~。

 いろいろシュミレーションした末に、以前ブログで紹介したことのある「蓋に持ち手のついた小さい丸箱」か、「丸いダストボックス大・中」のうちどれかをチョイスして作ってもらおうと決めました!!!
うんうん、これは皆さんそれぞれの生活にきちんと役立つものが作ってもらえそうです!
Harumi
ブログランキングに登録しています。
応援のクリックお願いします!
    ↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ

 

by harumicartonnage | 2011-11-28 16:43 | カルトナージュ | Comments(2)
Commented by hanataka2011 at 2011-11-28 19:08
きゃ~♪
一つ目の丸箱の蓋の柄と開けたときに外側と同じストライプが見えたときの感動ったらないですね!
円形の側面の厚みがまたたまらなくみえるのですけど♪
そして二つ目~もう~リバティだし
柄の中で一番明るい色と合わせた本体のカラーにやられます!
ブレード(山道テープでしたか?)も効いてきて最高です!
シュシュ付きも作りたいけれど、この形も作りたい!!
harumiさんの作品見てると・・・
あれもこれも作りたいのが尽きないです・・・どうしましょうね!!
Commented by harumicartonnage at 2011-12-01 21:11
hanatakaさん、わかっていただけて幸せ。。。しかもこれ二つともhanatakaさんのお好みだと思う~~~。特に下のは、ずばりベリーカラーでまさにhanatakaカラーだわあ。。。
カルトナージュはメインの柄布と合わせる無地リネン、アクセサリーとしてつけるリボンなどのチョイスの仕方によって印象が変わるし、何よりこの組み合わせが上手くいくと完成度がぐんとアップ!絶対にないがしろに出来ないのが、合わせ方なのですね。なのでいつも真剣に選んでおります。。。


<< シュシュボックス(ワンデイレッ...      カルトナージュでぜひ作ってほし... >>